calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>



人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ☆当選者発表!☆★☆★虹色の花クリスマスプレゼント企画!2016★☆★
    虹色の花 (12/25)
  • ☆当選者発表!☆★☆★虹色の花クリスマスプレゼント企画!2016★☆★
    4mhicchi (12/24)
  • プレゼント作品【newly‐emerged butterfly -*羽化*】 
    もりっと母 (09/19)

links

profile

recommend

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

オーダーメイド作品【Cosmo Gun -Universe-】

 

オーダーメイド作品【Cosmo Gun -Universe-】

 

 

シャンデリアレーザー
穴あき水晶
ギベオン+モルダバイトペンダント
メテオライト(ムオニナルスタ隕石)
モルダバイト(ブリリアントカット)
高品質ラピスラズリ(2.5mmカット丸玉)
リビアングラス(5mm丸玉)

ブラックダイヤモンド(原石さざれ)
タンザナイト(ミニボタンカット+さざれ)
ラブラドライト(5mm+さざれ)
アンダリューサイト(ミニボタンカット)
高品質ブラックシェル(黒蝶貝)(ペアシェイプカット)
レインボーオブシディアン(リーフ)
アイドクレース(ミニボタンカット)
ブラックスピネル(オニオンカット)
レッドスピネル(ミニボタンカット)

 

オーダーメイド作品!

前回の記事にてアップした銃を作るにあたり、リクエストオーダーをして頂いたお客様です。ありがとうございます!
試作の銃を作った後、正式にオーダー頂きました!

今回のオーダー内容はこちらでした。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


デリンジャーと呼ばれる、手のひらサイズの拳銃の形をしたものを作っていただくことはできるでしょうか。

銃口がワンドの先端部分にあたり、銃身に水晶ポイントかレーザークォーツが忍ばせてあり、銃口から石の先が少しだけ出ているようなイメージです。


撃鉄部分がワンドのおしりにくる部分になっていて、少し大きい石が付いているようなものを想像しています。

ワンドの下の方に、拳銃の持ち手が生えているような感じです。

なぜデリンジャー型にしていただきたいかと言うと、
私はゲームが好きで、その影響です。


ペルソナ3というゲームがありまして、その中で拳銃はペルソナと呼ばれるものを召喚するために使われるのですが、
召喚方法が自分を撃つ事によって発動するものなのです。
その考察に、擬似的に頭を打ち抜くことで”恐怖に打ち克ち内のペルソナを引きずり出す”ことが出来るという説があって、
意思の弱い私としては覚悟を決めるお守りとして欲しいと思っています。

 

拳銃にこだわる別の理由として、魔弾の射手という語感が好きなのもあります。
オペラとは解釈が違ってしまいますが、
自分の中で魔弾は自分の意思や祈りで、それを狙い定めたところへ放つ事ができるイメージで、
拳銃型ワンドがあればいいな、とも思っています。

 

 

■作品の希望のサイズ
横13cm 縦10cm ぐらい


■使用して欲しい石

モルダバイト・ギベオン・リビアングラス・ラピスラズリを入れて頂く形でお願いします
 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ということで、試作の銃を作った後に、細かな打ち合わせのやりとりを重ね、全体的なテーマや、銃身に組み込む水晶などをご提案して選んで頂きました。

前回アップした試作の魔法の銃を作った段階では、私はペルソナ3は名前を聞いたことがある程度でしたが。
お客様との打ち合わせなどで色々とご提案できるように、アニメをレンタルして見てみまして。
銃で自分を撃ってペルソナを召喚するって、こういうことか!と納得したりしてました。爆

 

最初こそ、お客様の希望する銃のテーマやイメージが、二転三転と色々と変化していたものの。

試作の銃を気に入っていただけた事で、最終的にはコスモガンのイメージで!ということになり。

そしてさらに今回は、打ち合わせの時点で、石のご希望を含めて、過去最高額くらいのご予算にもなりまして

 

ギベオン、リビアングラス、モルダバイト

 

など、一粒使うだけでも値段が跳ね上がる石を使用しつつ。
製作時間も剣を作るよりも二倍くらい時間かかりますんで(汗)

 

ご予算に関してもある程度の見積もりを出してご説明し、銃に組み込む石も慎重に選んで
制作させて頂きました!


てことでまずは土台作り。


一度試作してるから簡単だろうというのは問屋が卸さず←(汗)
いやー......マジで銃は土台が難しいんですよ。(汗)

 

 

こんな感じで、
シャンデリアレーザーと穴あき水晶を固定しつつ、別パーツでグリップ部分を穴あき水晶で作りつつ。ドッキングさせます。

今回は石を盛り込むスペースを少し多めにとりたかったので、銃身はすっきりさせつつ、グリップ部分が少し大きめになりました。

 

 


それから、ガンメタワイヤーをグリップ部分に巻いて重ねていきます。

 


さらに、こちらのギベオン+モルダバイトペンダントを撃鉄として括り付けつつ!爆

 


石を盛っていきました。


出来上がってみると。

 

 

 

 -Universe-

 

これは
自分に向けて放つ為の銃。

 

覚悟を。
勇気を。

 

指先に込めて。


試すのではなく

ただ。

 

踏み出す為の、一撃をーー。

 


デリンジャータイプの銃をイメージして制作したこの作品。

全体的なテーマは宇宙やコスモガンをベースに。覚悟や勇気を出すようなイメージで石を組み込んでいったのですが。

作ってみるととても重たく。強く。

責任感や使命感を帯びた銃に思えました。

 

銃身のシャンデリアレーザーは、ややスモーキーがかった色合いですが、透明感があり、とても美しい水晶でして。
少し荒々しいギザギザがサイドに刻まれていましたので、最初に固定した時に、このギザギザが見えるくらいのギリギリの位置で留めつつ。
今回はこのシャンデリアレーザーがちゃんと見えるような透け感を、かなり意識して制作していきました。

 

土台が完成した後は、シルバーワイヤーの上から、ガンメタワイヤーを重ね、まずはグリップ部分から石を盛り込んでいきます。

 

 

宇宙の暗闇。
先の見えない恐怖を映し出すかのような、
レインボーオブシディアンのリーフ。

 

漆黒の闇の中に見え隠れする隕石や、宇宙の塵を表すようなブラックダイヤモンドのさざれとアンダリュサイトのボタンカット。

そこにさらに、落とし穴のように突然現れるブラックホールみたいなブラックスピネルのオニオンカット。 

 

そんな暗黒の宇宙から、美しいオーロラをふっと垣間見るようなイメージで、黒蝶貝のペアシェイプカットを配置していました。  

 

退廃的なイメージの暗黒の宇宙。

降り注ぐオーロラの光は淡く。
その淡い光の中を突き進むには、視界はあまりに暗く。

 

暗黒の宇宙の中でひとり。

孤独の中で朽ちかけた星をひとつ
掴もうとするようなものだーー


ここは太陽系ではなく、誰も知らない、途方も無いくらいの彼方にある宇宙のような感じがしてまして。

本や、知識として知っている宇宙ではなく、まだ誰も見た事のない、全く知らない場所を表してるかのよう。

 

そして、その暗黒の宇宙の中で。

たった一つの銃を片手に。
銀色の弾を込め、果敢にも宇宙を渡っていくかのようなイメージで。
メテオライトの丸玉と、リビアングラスの5mm丸玉を組み込んでゆきました。

 

闇の中でも僅かに見えるのは。
宇宙の晴れ間のように輝くラピスラズリ。

夜空のように瞬く煌めきは。
まるで地球にいた頃に見ていた、懐かしい、夜空の記憶の欠片のように銃全体に散りばめられて。

 

戻れない時を表している。


今回はお客様のご希望で、

 

自分を撃つ為の銃

 

というテーマで、

覚悟を決める、勇気を出す為のもの。

という部分を、かなりフォーカスしているんですが。

 

この作品の中で、このグリップ部分を掴む時が、1番、覚悟と勇気が必要な感じがしました。

 

 

 

 

引き金を引く時よりも。
指先をかけるよりも、もっと前。

 

グリップを握る瞬間は、
まるで先の見えない、暗黒の宇宙を掴む事に似ている。

 

暗黒というと怖いイメージに感じますが。

この黒い部分というのは、自分の怖れていること、先が見えない恐怖、ネガティヴな側面、デメリット。
太極図の陰の部分のように、マイナスな部分を把握すること。
それを掴むことを覚悟する。

ということなのかなと思いまして。

 

普通は、良い面を先に見出したり、ポジティブなものを見たいと思うものですが。

この銃では、何故か。
最初の最初に、そのデメリットな部分を直視しないといけない感じなんですね。

 

朽ちかけた星を掴むように。
今は、それが美しいものには到底思えない。

はたして、掴んで良いものか。と。
尻込みするし、どうしようと戸惑う。

 

光と闇。

 

最初から両方見えてたら、躊躇なんてしないのに。

 

この時点では、ポジティブな部分や、光の部分が見えないか、非常に見えにくい感じなんですよ。

 

だけどそれでも。

自分の中にある恐怖に打ち勝って
目的や、その先にある希望の為にグリップを掴めるか。

という事を問われるのかなと思いました。


これは個人的に感じたことなんですが。
例えるのなら、遊園地のジェットコースターに近いのかなーなんて思うんですよね。

 

得意な人もいると思うけど、私はジェットコースター苦手で、どんだけ安全でも、めっっちゃ怖いと思うタイプなんですよ。w

これって、遊園地に遊びに来ても、絶叫系の乗り物の選択肢が減るので、ある意味すごく損だなーと思うし、ジェットコースター得意な人とか羨ましいんですけどね。

 

勇気や覚悟って、この、ジェットコースター乗るぞ!!て決める時の感覚にも似ている気がするんですよね。

乗ってしまえば後は、その速度がどれだけ早かろうと、怖かろうと、その身を任せるしかないので。
実は、乗るぞ!と決めるまでの方が、めっちゃ葛藤すると思うんです。w

 

経験してみたら、 
意外と大丈夫だったわー!むしろ楽しい!て思ったり。
もう2度と乗らない!てくらい嫌だと知ったり。
それでも、楽しめるようになりたい!と何度もチャレンジしてみたり。

 

ジェットコースターを乗ったことのある自分と。
一度も乗らなかった自分てのは、
その時点で確実に、選べる選択肢が変わり。世界が広がっている。

例え話でジェットコースターにしましたが、今まで経験した事のない事に取り組む時って、

こんな感覚なんじゃないかなと思うんです。

 

みんなが、ワー!キャー!と悲鳴をあげながら遊ぶその乗り物も、自分が乗ってみなきゃ、どう感じるかはわからない。

 

失敗した!と思うかもしれない。
楽しさや喜びももちろんあるだろうけど。

それは、行動を起こした後だから感じるもので。

その最初の一歩は、めっちゃ怖くて覚悟が要るのかも。

 

失敗を恐れず
何かにチャレンジする。

 

グリップを握ること、引き金を引くことが。
その最初の一歩や、覚悟を決めることだとしたら。

 

暗黒の宇宙を受け入れると、自分の中の選択肢がひとつ増えて。
遊べる乗り物がひとつ、増えるのかもしれません。

決意して乗り込めば、まるでジェットコースターのように勢いがついて、

突き進む力が後押しして、どんどん加速していきそうな感じがしました。

 

 

それを表すかのように。

 

 

撃鉄の部分には、ギベオン+モルダバイトのペンダントを仕入れて組み込んでまして。
仕入れる時にサイズや形がぴったりに感じて、ビビッときたんですけども。

その形とあうように、シルバーワイヤーで羽の形を作りグリップの上下で装飾しています。

 

 

宇宙を自由に渡っていける飛翔の翼。

ぐんぐんと、上昇してゆく。

 

この覚悟の先に、見える景色がある

 

さあ、

あとはもう、その指で


引き金を引くだけ。


覚悟と勇気を込めて。
銃口からぱーん!と勢いよく飛び出してゆく弾。 

 

銃身の部分は、撃鉄から銃口まで、弾が弾けるようなイメージと。

飛び出した弾が、行き着く先のような感じがしまして。

グリップ部分の暗黒の宇宙から一転し。

この銃身は、宇宙の美しい側面や、輝くようなキラキラした景色を表している感じがしました。


 

 

こちらの部分は、
物事のポジティブな側面、恩恵や、先を見通す光など。

同じ宇宙でも、暗黒の中では見えなかったもの。
太極図での陽を表しているような感じなのかなと思いました。

 

幾つもの流れ星が弾丸になり、光となって先を照らすような、シルバーワイヤーのライン。

撃ち出した弾は自分自身を通り抜け、暗黒の宇宙の先を照らす光の礎となってゆく。

 

実はこの銃の弾丸そのもののイメージの石は、
私の中ではメテオライトの6mm丸玉と、そして緑のモルダバイトの二つだけでして。

 

メテオライトは、わりと自分の外側を表している、現実的な側面の弾で。
グリップ部分にも配置した、朽ちかけた星が、高速の弾に変化して飛んで行くイメージに変わります。

 

モルダバイトは、逆に。
光の宇宙に存在する、自分の精神的な部分や内面を表した弾に見えました。

 

外側と内側にどちらも作用する一撃。

 

撃鉄の部分に取り付けた、ペンダントについていた小さなモルダバイトは。

シルバーカラーのワイヤーのラインと共に、六芒星パーツにアイドクレースを盛った、彗星の尾っぽのような弾に変化しまして。

銃口にある、穴なしのブリリアントカットのモルダバイトまで弧を描くように。
宇宙の彼方まで、少し渋い色合いの緑色の光の弾丸が飛んで行くようなイメージで配置していきました。

 

 

 

普通、銃の弾丸は真っ直ぐ飛び出すんだと思うんですが。
この銃の弾丸は、弧を描き、遥か彼方の光の宇宙を閃光のように進んでゆく。

 

宇宙の煌めきを表すようなラブラドライトと、タンザナイトとアイオライトの微妙な紫のグラデーション。

 

ここでも、星の輝きや煌めきを映し出すようなラピスラズリ。

青いカラーワイヤーをより線にして合わせ、グリップ部分での哀愁や思い出の夜空ではなく。光の宇宙から見えた夜空を表すように。より、キラキラした感じを強めてみました。

 

レッドスピネルの赤色は、火星のような赤い星を表していると同時に、パチパチと火薬が弾けるような勢いを表してる。

 

そして、ブラックスピネルのオニオンカットは、暗黒の宇宙に在ったブラックホールと同じような雰囲気だったので、一見すると落とし穴みたいな風にも見えるけど。

 

輝く宇宙の中でより、際立って見え。
これが目のようにも見えてきまして。

もしかしたら、様々な宇宙を突き進むための、飛空挺のような乗り物や、

ジェットコースターみたいなものなのかなーと思いました。w


または、ペルソナっぽい幻獣?のような感じで、背中にれるのかもしれません。

 

グリップ部分は闇で。
銃身の部分は光。

 

全体を見れば
陰陽を併せ持つような銃になり。

 

無限の宇宙を突き進むかわりに。
その一発、一発がとても重たいイメージ。

 

たったひとつの覚悟でも、
陰と陽それぞれで宇宙が広がり、
そのバリエーションも無限に広がってゆく。

 

途方も無い広さの中で足が竦み。
何度も立ち止まる。

 

はたしてこれでいいのか?
本当に、これでいいのか?

 

と。何度も自分に問いかける。


前回の試作の銃は、安全性重視のオモチャみたいな感じで、軽くて楽しい銃というイメージだったんですが。

 

 

こちらの銃は、
とにかく重たくずっしりとしていて。
デメリットも、メリットも。
どちらも解った上で突き進むような銃だと思いました。


乱発はできないし、
適当に撃つ訳にもいかず。


その一発、一発が宇宙を照らす光となり
自分の行く先を決めて行く。

 

確実に
その選択肢が、
自分の行く末を左右する。

 

そう。
自分の中で知っている。

 

だからこそ、怖い。
わかっているからこそ、怖い。

そんな、自分の中にある恐怖を乗り越え、突き進む為のものなのかなと思いました。


そして、銃を自分に向けるという行為は、どうしても自殺や、ロシアンルーレットのイメージが強かったんですけども。

ペルソナ3を見てからは、私の中ではそのイメージにプラスして

 

自分を鼓舞する為、
覚悟や決意を示す為のもの。

 

という感じも強くなったんですよね。

 

不思議なもので、
例え自分にとって幸せな選択肢であっても、急激な変化の前には物凄く怖くなったり、変化を阻止しようとしたり、やめようとする、立ち止まりたくなるような、反動がきたりしますが。

 

今回のテーマは、それにプラスして、

 

誰も見たことの無い宇宙を突き進む

 

というようなイメージでしたので。

 

本当に色んな意味で、
強い後押しと共に、決意と共に。
大きな何かを乗り越える為の銃なのかなと思いました。

 

そして、こんな風にグリップ部分ではかなりの覚悟や勇気を問われてますが。

実は銃身の部分では、委ねるという気持ちがどんどんと大きくなるんじゃないかと思いまして。
 
引き金を引いてしまえば、もう進むしかなく。

できることは全てやって、
自分の中にある宇宙に、全てを委ねてゆく。

 

それは、

覚悟して、勇気を出して、
選択した自分を信じることに繋がるんじゃないかなと思いました。

 

この作品のテーマ自体は、とても重たいのかもしれないけど。 

 

暗黒の宇宙も、
美しい光の宇宙も。

どちらも、自分の中にあるものの比喩なんだと思います。

 

引き金を引く度に。
覚悟をひとつ、決める度に。

 

自分の中にこれほどに広い宇宙が。
まだ見たことの無い世界が。
こんなに、大きなエネルギーがあるのか!

 

と、気が付いて。

少しずつ信じて
委ねてゆくような感じ。


 

 

自分の人生の主導権を取り戻すように。

 

覚悟を決めて。
勇気を出して。

 

まだ誰も知らない宇宙を
乗り越えてゆく。


ぐっと握りしめたその銃は
貴方の覚悟の証さ。


この銃と共に。
貴方の中にある

 

無限の宇宙を
突き進んでゆこう。


Cosmo Gun -Universe-


そんなイメージの作品なのかなーと思います。

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 

 


【Cosmo Gun-魔法の銃-】 

 

【Cosmo Gun-魔法の銃-】 



穴あき水晶 
宝石質ブルーミスティックトパーズ(オーバル) 
ムーンストーン(6mm丸玉) 
ラブラドライト(5mm丸玉) 
レインボーオブシディアン(リーフ) 
ゴールデンオーラ(4mm丸玉) 
パルティックアンバー(コイン) 
琥珀(さざれ) 
ガーネット(ミニボタンカット) 
アンダリュサイト(ミニボタンカット) 
アイオライト(ミニボタンカット) 
アクアクリスタル(ミニボタンカット) 


初の、ワイヤーで銃を作ってみましたぁぁぁぁぁ!!(*´▽`*) 

 

キッカケは、オーダーメイドのお問い合わせにて、

デリンジャーのような小型の銃を作れるかというオーダーを頂きまして。

 

過去に一度も作ったことがないものでしたので、とりあえず、できるかどうか、作ってみます!! 

 

てことで、こちらは試作品にはなりますが、思った以上に出来上がりがうまくいったので、ネットショップ販売用になります。 

オーダーメイドでお客様からお問い合わせを頂いたものの、この試作の銃はオーダーのリクエストにお応えしたものではなく、私が好き勝手作ってみたものになります。 

 

実は、このお問い合わせを頂いてから、 

 

銃…だと?! Σ(゚Д゚)
それは今まで、作ろうと思ったことないぞ?!私に作れるのか?? Σ(゚Д゚)

 

と、色々と作るための手順のイメージを浮かべてみて、
非常にワクワクしてしまいまして。笑 

 

今までも、ワンドや剣などは作ったことあるものの、

殺傷能力高そうなイメージの銃を、水晶とワイヤーで作るって。。一体どうなるんだろう? (@_@)

 

と思い、こうすればできるかな?という予想だけで、土台を作っていきました。 

初めてなので、作りやすいように穴あき水晶をセレクトしてみましたが。 
じっくり水晶を選んだというよりは、試作なので力を抜いて、

近くにあったものをパッと選んで作った(笑)というセレクトだったんですけども。 

出来上がった後から見ると、 

おい、これ、水晶のサイズや大きさがかなりベストマッチじゃねーか?! 

 

て感じで、 
他の石だと長さが足りなかったり細すぎたり太すぎたりと、後にオーダーの作品の打ち合わせで水晶を選ぶ時には、組み合わせが結構限られていてセレクトが難しかったので。 

試作の銃は、ビギナーズラック!的なベストマッチ!なサイズのセレクトになっておりました。← 

 

そんなこんなで、セレクトした水晶は、 

 

銃身に2つ。 
グリップに1つ。 

それぞれ配置して、作りながら形を整えていきました。 

 

 

 

こんな感じです。 
土台を見ると、かなりの試行錯誤な感じが出てますね← 

 

この銃身は、先端の方が水晶が短めで、後ろの水晶が大きめでしたので、

先端の水晶の切れ目のあたりにワイヤーを重ねて、二つの水晶の繋ぎ目が隠れるようにしております。 

どちらも穴あき水晶ですが、一応、穴なしの水晶でも作れるように、先端の水晶はあえて穴にワイヤーを通さず石を留めています。 

グリップ部分も、穴あき水晶を使っていますが、こちらもその穴にはワイヤーは通さず。
ペンダントを作る要領で周りで固めて留め、グリップの形を作りつつ、銃身とドッキングさせて、整えていきました。 

この時点で形になってきているものの、かなりスカスカしてますので。 
グリップ部分はガンメタワイヤーを重ね。 
銃身にもシルバーワイヤーとより線を重ねてある程度の形にしていきました。 

 


ここまでの土台で、通常のワンドとか剣とかの作品よりも約2倍ほど時間かかりましてね。 
そりゃあそうだよね。この時点で石3つ使って、慣れない銃の形にしながら留めてるもんね(汗) 
裏側はこんな感じです。

 


 


それから、石を盛っていきました。 

 


出来上がってみると。 

 

 

 

 

これは、武器職人ではなく。 
魔法使いが作った銃だよ。 

 

だからね。 


戦いに赴く為に懐に忍ばせるのではなく。 
何かを傷つける為に持つものでもなく。 

 

相手を撃つため、自分を撃つ為ですらない。 

 

その銃から放たれる魔法は、 
幾つもの星の力を帯びて煌めくんだ。 


世界を彩る魔法の銃。 

 

いつかの日に 
君が夢見た、魔法の銃だよ。 

 

今回の作品は、一応試作品ということになるんですけども。

初めて作る銃にしては、まるで前からつくり方を知っていたような気分にさせる、不思議な銃になりました。 

 

テーマも何もかも、真っさらな状態から。 

とりあえず銃という形を作ってみる。 

そういう試みから始まり、水晶とワイヤーを重ねていくたびに、

徐々に、徐々に、この魔法の銃の形が浮き上がっていくような感じがしていました。 

 

銃身と、グリップに埋め込んだ3つの穴あき水晶。そこから、シルバーカラーワイヤーと、ガンメタワイヤーで銃の形を作ってゆく。 
土台の部分までは、昔の海賊が持っているような、かなりレトロな銃のイメージだったんですが。 

石を盛り込んでゆくと、 
青空を飛び越してゆき、宇宙へと向かってゆきました。 

 

 

グリップ部分は、昔の銃のイメージでのレトロさ、渋さのようなものを表す為に、黒に薄っすらと他の色が混じっているような独特の色合いのレインボーオブシディアンのリーフがぴったりでしたので、それを取り付けまして。 

 

アンダリュサイトのミニボタンカットや琥珀などの茶色を配置して、さらにレトロ感アップさせていきました。 

このグリップを握った時点では、まだ地上。 

 

 

だけどそこから、銃を構えると。 
青空を見据えるかのように輝く、ブルーミスティックトパーズ。 

 

これは天然のトパーズに金属を圧着させてこの色を出しているものなんですが。 
グリップ部分と、引き金と、銃身にそれぞれ配置しておりまして。 

 

地上から青空へと飛び立ち。 
地球の大気圏を抜けるように、その先を見据え。宇宙をぐんぐんと突き進むような感じがしました。 

 

軽々と宇宙に到達し、月を横目に通り過ぎるようなイメージで、グリップ部分に一粒だけのムーンストーンの6mm丸玉。 

宇宙空間を思わせる、ラブラドライトの5mm丸玉は、まるで銃に弾丸を込めてゆくような気持ちで配置してゆきました。 

 

 

地上から、地球を飛び出し。 
宇宙や銀河、星々をこの銃で旅するように突き進むイメージと共に。 

自分が経験し、旅している宇宙そのものを、そのまま、弾丸にして撃ち込むような奇妙な感覚が重なっていまして。

 

撃鉄から銃身に向かうにつれ、盛り込んだ石の一粒一粒が、宇宙の星や、魔法のエネルギーを表してるかのように感じられました。 


丁度、引き金のあたりから、銃身の先端までのラインで、流れるように様々な石を配置していまして。 

これは、銃の弾丸を込めてゆくような感覚だったんですけども。 


弾の種類は一つだけではなく、大小様々な種類の魔法を沢山込めてるみたいなイメージで。 

ラブラドライトだけでなく、アイオライト、アクアクリスタル、アンダリューサイトのミニボタンカットや、六芒星のパーツに留めたゴールデンオーラなど。 

 

銃身に散りばめた石たちは、宇宙を旅した時に見た、彗星や、惑星、様々な星を表し、その力がギュッと込められてる。 

 

さっき通り過ぎた筈の月さえも弾丸に変わり。 

旅した宇宙の星や、惑星が次々と弾丸へと変わる。 

 

まるで、経験した事が自らの力へと変えられていくように。 

星の力が込められた沢山の魔法が、この銃に詰め込まれ、放たれようとしているように見えました。 

 

 

唯一、撃鉄部分と先端にあるガーネットだけは、

星や宇宙のイメージではなく、発射するための起爆剤のような感じで、勢いを表してみました。 

 

この銃は、 

例えるなら、銀河鉄道999の、宇宙戦士の銃として出てくるような雰囲気でして。

見た目はビームがバンバン出そうなコスモガン!て感じで、とても威力があって強そうに見えるんですが。 

 

 

実は、 

浮かんでくるテーマや、持った時の感覚としては。 

 

めっちゃ、軽いなー 

 

とおもいました。(笑) 

 

まるで、オモチャの水鉄砲を持つくらいの気軽さ。 

銃なのに、ずっしりとした重さもなく。 
ビームが出そうな見た目なんだけど、実は、何も傷つけることのない魔法ばかりが詰め込まれている。 

 

地上から、宇宙へと旅するくらいの規格外の広さを持つイメージの銃なのに。ww 

それぞれの星の力を借りた魔法は、組み合わせや配置などで発射する度に効果が変わるのに。 
なんだか楽しげで、面白そうな効果を持つものばかりです。 

 

 

 

これは、例えるのなら、レプリカや模造品の要素がかなり強いのかなーなんて思ったんですよね。 

 

例えば、銃にしろ、剣にしろ、もしも本物を持つとなると。 
それを扱う責任がのしかかったり、取り扱いに注意しないといけなかったりと。 
遊びでは使えなかったり、気軽に持てなかったり、結構、気を使うものだと思うんですよ。 

 

でも、模造品やレプリカなら、飾ったり、持って楽しむ部分が多いので、安心して持てるじゃないですか。 

この銃も、どちらかといえばそんなイメージで。 
試作品でしたので特に、危険性の無い、安全な銃としての要素が大きくなったのかなと思いました。 

 

 

武器職人ではなく。 
魔法使いが作る銃。 


そしてこれがもしも本物なら、危険な魔法だったり、強力な魔法が込められているでしょうが。
誰にでも扱えるように、効果をあえて制限して、安全性を重視したものという感じですので。 


危険が無いなんて、つまらない。 
緊張感や、技術の向上や、ヒリヒリするようなスリルを味わいたいという人には向かないんですが。(笑) 

魔法使いが作る銃というイメージで出来たこの銃は、とても夢があるなぁとおもいました。 

 


引き金を引いて、 
どんな魔法が飛び出すかお楽しみ。 

 

この銃を使うにつれ 

思い出も、知識も、経験も。 


自分の中の引き出しも。 

沢山、沢山増やしてくれるみたいに。 


ぽん!と飛び出す魔法に、一喜一憂する。 

 

そうさ。 
楽しいだけの魔法とは限らない。 

 

宇宙や星を弾丸にしてるのだから。 
常識なんて通用しないよ。 

 

オモチャのような気軽さなのに。 
そこに込められた魔法に、 
毎回驚かされる。 

 

 

ドキドキしながら 
ワクワクしながら。 
時にガッカリしながら。 

 

怖がらずにこの銃を使いこなしてごらんよ。 

引き金を引く度に 

きっと、見たことの無い世界が開けるから――。 


この軽さ。 
この銃に込められたテーマを一言で言うなら 

 

"遊ぶこと" 

なのかもしれません。 


ぱっと見は、レーザービームが出てきそうな程、鋭いイメージの銃だけど。 
持ってみると、驚くほど軽くてちゃちで。 
何もかもを吹っ飛ばして笑えてしまうくらい。 


遊ぶなんてとんでもない! 
役に立たなきゃ意味がない! 


そんな風に、真面目にガチガチだった思考から、ふっと解き放ってくれるみたいに。 

ちょっとふざけて、はしゃいでみて。 
楽しんで。調子に乗って、たまにはイタズラして怒られたりして。(笑) 


周りの目さえ気にせず、自分の心のままに。

遊んでいいんだよ。 

 

そう、言われてるみたいに。 

この銃を見ていると、子供の頃に水鉄砲を構えて無邪気に遊んでいた時のような気持ちになります。 

 

 

 

大人になって、色んな思考に縛られて。 
周りの目も、自分の目も厳しくなって。 

 

遊ぶことを忘れてた。 

 

幼き頃に見た夢をもう一度。 


役に立つかどうかなんて、関係ないさ! 

 

宇宙にある沢山の星を集めて 
この銃に込めて撃つんだ。 

 

どんな魔法が飛び出すのか、お楽しみ。 


ワクワクしてきた? 

ならもっと、君に教えてあげるよ。 

 

世界を彩る沢山の魔法と。 
この銃の楽しさをさ! 


Cosmo Gun-魔法の銃- 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 


☆イベント無事に終了しました☆

 

 

4月8日ゆめマルシェ、無事に終了いたしましたー!!(n*´ω`*n)

 

 

 

当日はこんな感じで飾りつけをいたしまして。
まさに桜満開!な雰囲気が出るように頑張ってみました。

友達のレジン作家焦月さんも急きょ参加できるようになり。

 

 

あそびや楓さんは、ブレス販売+オーダーブレスでその場で作っておりました。

 


今回は、地元のイベントということで、応募して参加したのではなく、
知り合いの方からお話を頂いて参加することになったんですが。


コミックシティ福岡とはまた、全然違う規模と、

慣れない金券システムなどがありましたので、なんだか初めて体験で結構緊張しました。ww

 

小規模なイベントですし、お客さん自体は少なかったですが、
それでもお買い上げ頂きまして本当にありがとうございました。(〃▽〃)

 

 

夜桜カラーの青紫のコーティングクリスタルが結構人気でした!

 

結構沢山作りましたので、今回のイベントで残った作品の一部は

ネットショップの方では価格を見直して販売予定です。


お楽しみに♪(〃▽〃)

 

また、色んなイベントにも参加していきたいと思います〜

 

 


4月8日【ゆめマルシェ】イベント用作品一覧

 

4月8日(土) 『ゆめマルシェ@LIXILショールーム』にて
出店いたします!(ノ´∀`*) 

 

会場:LIXIL八幡ショールーム 
(八幡西区本城学研台3-10-10) 
時間:10:00〜15:00

 

 

なんとびっくり、主催者側のご好意で、

 

イベント当日限りで使用できる金券

 

を配布してくれることになりました!
わーお!(*゚Д゚*)


ツイッターやmixiページ、ブログやpixivなどを見てお越しの方はぜひ、お店で私に一言お声をかけて下さいね。

 

先着10名様に1000円の金券をプレゼントいたします。
(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

 

※アンケートにご協力いただく場合がございますのでご了承くださいませ。

 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

ということで今回のイベントの作品一覧がコチラです!

 

 

【桜のストラップ】ピンクのコーティングクリスタル
(ペンダントにもなります)
【夜桜ストラップ】紫&青のバイカラーコーティングクリスタル

(ペンダントにもなります)

 

それぞれ、写真ではストラップがついていませんが、実際はストラップをつけて販売いたします。

こちらは、巻き方がそれぞれ違って、カラーワイヤー混ぜてみたりと、出来上がりもかなりムラがありますので、

今回はそれぞれ個別に価格が違いますのでご注意ください。

 

 

 

【桜のお守り】【夜桜のお守り】


(コーティングクリスタル+エンジェルオーラ)バージョンと
(コーティングクリスタル+パープルカラークラッククリスタル(染色石)
の二つのバージョンがあります。ペアっぽく作っていますが、セット販売ではなく、別々になります。


【桜のミニワンド】イベント特価!の3点限り

 

濃いめのピンクのコーティングクリスタルを使っての、ミニワンドのストラップです。

チェリークォーツ(人工ガラス)+淡水パール(ピンク)+水晶
チェリークォーツ(人工ガラス)+淡水パール(ピンク)イエローグリーンジェード

の組み合わせになります。それぞれ、ワイヤーのカラーが違ったり、カラーワイヤーを混ぜています。

 

 

【桜のワンド】ストラップ付
コーティングクリスタル+モルガナイト+シーブルーカルセドニー+イエローグリーンジェード

【夜桜のワンド】ストラップ付
コーティングクリスタル+コスモオーラ+ブルーアパタイト+ディープローズクォーツ+ブルーゴールドストーン

 

 

 



【桜の君】ペンダント
コーティングクリスタル(ピンク)

 

【夜桜の君】ペンダント
コーティングクリスタル(ブルー)

 

こちら2つのペンダント、コーティングクリスタルで仕入れた中でも透明感があるものをチョイスしましたのと、ワイヤーを重ねてボリュームを出しつつ、カラーワイヤーも使用しているため、他の作品よりも高めのお値段になります。

 

 

 

【桜の剣】ペンダント
コーティングクリスタル(ピンク)+淡水パール(ピンク)+ペリドット+ガーネット+ローズクォーツ+アベンチュリン+淡水ケシパール

バチカンを大きめに作ったのと、羽を補強しておりますのでペンダントにも使えます。


【夜桜の剣】(こちらはバチカンが小さいので飾り専用です)

コーティングクリスタル(青紫)+マルチカラースピネル(赤)+ラピスラズリ+淡水パール(ピンク)
細いワイヤーで羽の補強が無いのと、バチカンを小さく作ってしまった為、ストラップにするのもちょっと不安だったので、飾り用になります。

 

 

【桜ドラゴンのたまご】ペンダント

 

アラゴンナイト(ドロップ)

チェリークォーツ(人工ガラス)+淡水パール(ピンク)+ガーネット+ブラッドストーン+レッドアゲート

アラゴンナイトが目についたので、巻いてみたらドラゴンになりました。アラゴンナイトの卵の中から、桜色した可愛いドラゴンが丸まってるのをふわっと具現化した感じ。
きっと、もうすぐ生まれるよ。

 

【桜の花びら】ペンダント
貝パール

ガンメタ+オリーブカラーバージョン

シルバー+パープルカラーバージョン

 

【花蝶】ペンダント(写真、真ん中の一つです)
クィーンコンクシェル

 

 

 

【桜ひよこ】ピアス
フラッシュローズクォーツ


【桜ひよこ】ピアス


淡水パール

各4カラーのバリエーション

 

 


以上になります。

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @


いやー・・・がんばった←(爆)

準備期間3週間でしたので、ここまで作れるとは思ってなかったんですが。w
今回は時間短縮の為、ほぼ、コーティングクリスタルのみを使用して、桜と夜桜をテーマにして色んなバリエーションを作ってみました。

 

まさに桜まつり!!!(n*´ω`*n)

 

それぞれの作品に解説もつけたいところなんですが、時間が足りない為、
今回は写真と作品名のみアップいたします。

 


今回もイベント特価!!てことで結構頑張りまして。
一番安い作品で500円〜最高でも5000円くらいの価格で販売予定です。

 

 

当日先着10名様に金券お配りしますんで、マジでめっちゃお買い得じゃね!?
って感じですので、お近くの方はぜひぜひ、お気軽にお越しくださいませ。^^

 

売れ残った作品は、一部価格を見直してネットショップにて解説付きで販売予定です。

 

 

4月8日(土) 『ゆめマルシェ@LIXILショールーム』

会場:LIXIL八幡ショールーム 
(八幡西区本城学研台3-10-10) 
時間:10:00〜15:00

 

当日、お待ちしております〜!!♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

―*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 


☆4月8日イベント出店のお知らせ☆

 

4月8日(土)『ゆめマルシェ@LIXILショールーム』

にて出店いたします!(ノ´∀`*)

 

会場:LIXIL八幡ショールーム
(八幡西区本城学研台3-10-10)
時間:10:00〜15:00

 

入場無料です。

詳しくはコチラ。
http://www.nosakakensetsu.co.jp/topics.php?no=71#anc71

 

エイプリルフールに更新すると嘘っぽい感じになりますがw
本当です。ww

 

今までイベント出店は、コミックシティのみだったのですが、
今回はたまたま出店のお話を頂いて、タイミングも合ったので
【あそびや楓】さんと一緒に出店できることになりましたので
お知らせいたします。

 

準備期間が2,3週間ですので、沢山は作れないんですが、
只今イベント作品制作中!(n*´ω`*n)

 

今回は桜のシーズン&花まつりに因んで、

ピンク色の石メインの作品を色々と展示予定です。

(ノ´∀`*)

 

ネットショップには出さない、
イベント限定のお買い得!な作品も準備いたしますので
お近くの方はぜひ、お気軽にお越しくださいませ。^^

 

ツイッターの方では先に、イベント用の出来上がりの作品もつぶやいておりますが、

ページ、ブログの方では、直前に制作した作品一覧を公開いたします〜(〃▽〃)

よろしくお願いいたします。m(__)m

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

―*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 


【Elixir of Life-生命の小瓶-】Pendant Top 

 

【Elixir of Life-生命の小瓶-】Pendant Top 

 

アマゾナイト(カボション) 
プレナイト(薔薇ビーズ+ミニボタンカット) 
宝石質ペリドット(オニオンカット+ミニボタンカット) 
ソーシュライト(2mm丸玉) 
ビルマ翡翠(3mm丸玉) 
グリーンアメジスト(さざれ) 


販売用作品! 

今回はシリーズものではないんですが。w 
実はまだ、棚卸しで気になる石が残ってまして。今回は、アマゾナイトのカボションが目にとまりましたので、作ってみました。 

青に金色って綺麗だなーと思ったので、 
ゴールドカラーワイヤーに、オリーブカラーも混ぜて土台を作ってみましたら。 
こいつはどうも、いつもと違って 

何故か、三角形の形が浮かぶんですよ。 

ですので、そのイメージをそのまま形作ろうと頑張った結果、こうなりました。w 

 

 

この時点で、小瓶の中に魔法の液体が入ってるようなイメージだったんですけども。 
同時に海賊が持つお宝のような、そんな感覚がしていたんですね。 

んで、こちらはシンプルな感じじゃなく、土台からかなり、石を盛り込んでくイメージで、作っていきました。 


出来上がってみると。 

 

Elixir of Life-生命の小瓶 

 


かつて、荒れ狂う海と、嵐を越え。 
大海原を、強大な船と共に我が物顔で闊歩し。 


いくつもの海を。 
遥かなる海を。 

 

ある海賊の若者と共に旅していたんだ―― 

 

 

その者の胸にぶら下げられ。 
世界を旅した魔法の小瓶。 


それは身につけるだけで、希望や、癒しの力や、強いエネルギーが湧き出てくるような不思議なお宝だった。 


――だけどその旅も......私から見ればつかの間だったな。 

 

 

争いが起こる前に。 
誰かに知られてしまう前に。 

 

誰にも奪われないように。 
見つからないようにと。 

 

やがて深く暗い洞窟の奥へと隠されてしまったのだから。 

 

長い長い時を。 
その洞窟の暗闇で過ごしながら。 

 

それでも何度も、その時の旅を思い出すのさ。大海原の航海を。 

あの海賊との出会いを――。 

 

今回は、とても物語性の強い。 
個性的な形のペンダントになりました。 

 

メインのアマゾナイトのカボションは、明るい水色の石で、

ワイヤーを巻く前までは、こんなに物語が浮かぶほどの特別な感じなど全く無かったのですが 笑 

 

ゴールドカラーワイヤーと、オリーブカラーワイヤーを混ぜて巻いてゆくと、どんどんと小瓶のような形と共に。 

巨大な船が思い浮かびました。 

 

それも、豪華な海賊船だ。 

 

独特の、三角形の形をした金色の小瓶。 
その中には、並々と魔法の液体が入っている。 

 

そんなイメージと共に 
そのお宝を手に入れた海賊との冒険の物語が浮かんできました。 

 

この小瓶の中の魔法の液体が何なのかというのは、具体的にはよくわからないんですが。笑 

 

私には、まるで生命力を宿したようなもの、生命エネルギーの塊のようなイメージでして。 
その液体を飲むのはオススメしない感じ←wなんですが、身につけるだけでそのパワーに影響されるようなイメージと。 

うまく言えないですが、小瓶の液体そのものが、エネルギー体という感じで、意思や命を持っているような感じがしまして。 

 

例えるなら、アラジンの魔法のランプの妖精、ジーニー的な存在が宿っているって感じなんですけども。 
しかし、瓶の中から出ることは叶わない。 


というイメージでした。 

 

 


実は、石を盛り込む前の、ペンダントの土台を作った時点では、若々しく凛々しい海賊と一緒に、意気揚々と冒険していた頃の、真新しいピカピカの魔法の小瓶って感じでして。


お前にも見せてやるよ。 
世界が、海がどれだけ広いのか――。 


こんな風に海賊の若者は、その小瓶の力をただ得るだけじゃなく、

コミュニケーションや会話のようなものもしていたイメージでして。 

 

小瓶の力を借りつつ 
何度も死線を潜り抜け。 
嵐の海を越えてゆく。 


しかし、その土台のペンダントに、細かく石を盛り込んでいくうちに、

徐々に、徐々に、小瓶のイメージが少し古びて、時間が経過したような感覚になっていきました。 

 

 

海賊のお宝、秘宝というイメージでしたので、誰にも奪われないように、見つからないように。 
その後、なんらかの事情で、洞窟の奥深くへ、海賊が隠してしまったのかもしれない。 

 

 

たくさんの海を越え。 
共に冒険した楽しかった日々は終わり。 
やがて静寂と暗闇が広がる洞窟の中で 
ひっそりと。 
眠るように、何度もその頃を思い出す。 

 

――じゃあな..... 
いつかまた、お前にも持ち主が現れるだろ。 

 

楽しかったぜ。 

 

去り際の後ろ姿。 


あれから、 
どれだけの時が、流れたのだろう。 


ソーシュライトの丸玉と翡翠と、グリーンアメジストのさざれは、かつての海賊との冒険のエピソードや、海の景色を思い出し、忘れないように繋ぎ合わせているようにも見えましたし。 

 

太陽の光さえ届かない、真っ暗闇のその洞窟の奥深くでも。 
ぼんやりとした明かりが灯るような、 
小瓶のエネルギーがじわじわと漏れ出してゆくような感じにも見えました。 

 

そして、その力を受け、徐々に周辺の植物が影響を受けて育っていくように。 
若葉のような、宝石質のペリドットのオニオンカットと、プレナイトの薔薇カット。 

 

どれだけ奥深くへと隠そうとも。 

それでも、じわじわと主張し、漏れ出し、溢れ出してゆく力。 


どれほどの時間が流れても枯れない力。 

 

暗闇の洞窟で、植物が巻きつくように小瓶を隠してゆくのに。 
それでも、どうしても隠すことのできない力がここにある。 

 

――儚い願いなのかもしれない。 

 

泡沫の夢の中で。 

もう一度、あの海賊が。 
貴方が、迎えにきてくれるのを、ずっとずっと待ちながら――。 

 

今日もあの冒険の日々を夢見る。 

 


実は最近、FGOを始めたばかりなので、海賊というイメージはその影響も少しあるんですが。(笑) 
パイレーツオブカリビアンなイメージもあったりと、とにかく、なぜか登場人物は海賊なんです。笑 

 

しかし、この物語自体はすごく特殊な感じだなーと思いました。 

この、生命の小瓶というのは、いろんな解釈ができる、なんらかの比喩なのかなと思うんですが。 

海賊のお宝という物でありながらも。 
LIFEという言葉や、命という意味合いが強く浮かぶイメージでして。 

 

生きる 

 

というエネルギーそのもの、希望の力そのもの。という感覚があるんですね。 

例え、どんな状況下に置かれたとしても大丈夫。 

そう思える、思わせてくれる力。 

しかも、持ち主を選んでいるような、待っているような意思を強く感じるんですけども。

 


――お前を、悪用されないように。 


この洞窟に隠したのは、あの者の最後の優しさだったのかもしれない。 

これ以上、私を持つことに耐えられなかった。あの者の弱さだったのかもしれない。 

 

私に、大海原を見せてくれた。 
巨大な海賊船と、世界の広さ。 

 

 

まどろみの中でまた、少し。 
植物が巻きついてゆく―― 

 

それでも消えない、力。 


 

ふと気になって調べてみると、アマゾナイトは、希望の石、ホープストーンと呼ばれているそうで。 
その石がメインになっているのを見ても、この小瓶とは自分自身の中にある、希望や、強いエネルギーの象徴なのかなとも思いました。 

だから、このペンダントそのものは、ネガティヴな意思や思いはなく、とても純粋なんですけども。 

 

それを持つ者にとっては、ある種の試練や、心の強さを試されるのかなと思うんですね。

 

意思や力があったとしても。 
しかし、それが道具であることは間違いない。 

 

その強い力があるが故に、使い方を間違えば、持ち主は周りから目立って浮いてしまったり。

嫌な思いをしてしまったり。 争いが起こってしまったりと。 

 

それを持つが故の力の反作用や、ネガティヴに見える出来事や、乗り越えなければいけないものが出てくるのかなと思いました。

 

 

その時は、手放さざるを得なかった。 
あの時は、そうするしかなかった。 

 

少しの後悔と共に、納得して手放した筈の力。 

 

ずっと隠しておかなければいけなかった力。 

 

ですので、 
この洞窟に入り。 
小瓶を手にするというのは。 

 

海賊のお宝という 
強力な力を手にする。 

 

というよりは、 

むしろ、一度手放してしまった力を、取り戻し。 
もう一度勇気を出して、その力を受け止めて、新しい使い方をしてみる。 

そんな側面があるんじゃないかなと思いました。 

 

 

心配せずとも。 
貴方以外には、 
誰にも見つけることはできないだろう。 

 

どれだけ時間がかかったとしても。 

 

――もう、お前を隠さなくていいんだ。 

 

そう思える時がくるまで。 

 

 

時が流れ。移り変わり。 

あの時のように、もう一度。 

 

大海原へ。 
世界へと。 

 

また冒険に、出かけよう――。 

 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。 


応援ポチよろしくお願いします!^^

―*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪


オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 


【-Drops of forest- 森の雫】Pendant Top 

 

【-Drops of forest- 森の雫】Pendant Top 

 

 


インド産グリーンアベンチュリン(カボション) 
宝石質サンストーン(ボタンカット) 
ホワイトトパーズ(ミニボタンカット) 
スカイブルートパーズ(2mm丸玉) 


販売用作品! 

 

糸島シリーズ3作目 

今回はグリーンアベンチュリンを使って作ってみました。 


例の如く、棚卸しの中から気になった石のひとつ。 
アベンチュリン効果のある、濃ゆい緑の石が、森の中のようなイメージだったので。 

太陽の雫、漣の雫ときたらこれは森の雫でしょう!てことで。 

今回は、シルバーカラーワイヤーに、細めのグリーンカラーワイヤーと、オリーブカラーワイヤーの3色で、土台を作ってみました。 


こんな感じです。 

 


このグリーンアベンチュリンは光に透かすととっても綺麗なので、 
今回も、土台のイメージを邪魔しない程度に、石を盛っていきました。 


出来上がってみると。 

 

 

-Drops of forest- 
森の雫 

 

 

雨の雫がぽたり、ぽたりと。 
この森の木々の葉を揺らし、落ちてゆく。 

 

足元の草花に残る雨の雫。 

 

誰も、気に留めはしないだろう。 

 

神聖な森の奥深くを覗き込むように。 
その雫から映し出される美しい光景を。 

 

水溜りに、鏡のように映し出される空と森。 

 

手のひらの中で、溢れてしまいそうな世界を閉じ込めた。 

森の雫を、貴方に―― 

 

メインのグリーンアベンチュリンは、光に透かすと凄く綺麗な石でして。 
アベンチュリン効果と呼ばれるもので、細かく光を反射してキラキラと光るんですけども。 
これが、私には神聖な森の中の光景と重なってゆきました。 

 

シルバーカラーワイヤーに、細めのオリーブカラーワイヤーと、グリーンカラーワイヤーを混ぜて、3色で土台をつくる、 

濃淡のある緑のワイヤーで、すでに奥行きなどもありましたので。 


今回はあえて、メインのアベンチュリン以外は、緑の石を一切盛り込みませんでした。 

オリーブカラーやグリーンカラーワイヤーが、植物や森のエネルギーを表しているように柔らかくうねりながら。 


貴方を森の奥深くへと誘う。 

神聖な森の中へ。 

 

草花に残る雨粒や、朝露のような、ホワイトトパーズのミニボタンカット。 


雫が太陽に反射して光るようなイメージで、宝石質サンストーンのオレンジ色が少ないものを選んで盛り込んでみました。 

普通は、サンストーンといえば、なるべくオレンジの色が入ったものを選ぶと思うのですが。一連で仕入れたこのビーズは、オレンジの入り具合に、濃淡やバラつきがありましてね。 


その中でも、ほぼ、透明じゃん!笑 


てなくらいのビーズを選びましたので。 

太陽をイメージさせるサンストーンが、透明なことで、太陽の光が雫に反射している感じや、鏡のように雫が太陽を映し出しているイメージが強くなったかなと思いました。 

 

そして、小さな小さな空を映し出したような、スカイブルートパーズの2mmのビーズをほんの少しだけ。 


盛り込んだ石を最小限にしつつも、 まるで、雨上がりの森の中を散歩しているような雰囲気が出るようにしてみました。 

 

 

神聖な森の中で、葉っぱに残った小さな雨の雫や、地面の水溜りに空や太陽や、森の木々を映して見てるようなこの作品。 

過去の2作品である、太陽の雫も、漣の雫も、どちらも掴むことができないものをモチーフにしておりましたが。 

 

この森の雫は、掴むことは可能だけれど。 


実際に掴んでしまったら形が変わってしまうもの。 

 

を象徴しているのかなと思いました。 

 

緑の葉に残る朝露や、 
草花や森に降り注いだ雨粒が。 
太陽の光に反射してキラキラと光る。 

 

それが、どれほど美しく思えたとしても。 


実際に手にしてしまえば、 
何てことのない、何処にでもある。 
ただの水滴になってしまう。 

 

掴んだ! 

 

そう思った瞬間にはもう、 
その手の中で、形が変わり。 

自分の中での意味合いすら。 
全てが、変わってしまう。 

 

掴むことができるのに。 
"掴めないもの" 

 

求めているのは、ソレじゃない。 
手に入れたと思ったのは、これじゃない。 

 

この手で確かに掴んでいる筈なのに。 
何一つ、その手の中には入っていない。 

 

 

実は、この作品も、糸島観光の際に印象的だった光景が重なっているんですけども。 

櫻井大神宮に参拝した時、その時間帯は晴れていたんですが。 

その日の朝は結構な雨が降ってましたのでね。 
到着した時には、朝からの雨の影響で、神社の中は、地面がじるかったり、所々に水溜りができていたり、木々や草花は雨に濡れて、ポタポタと雫が落ちていました。 

 

そんで、その櫻井大神宮は、 中に入るまでは普通の神社って感じ(あくまで私の個人的な感想)←なんですが。 

実際、その鳥居をくぐって入ってみると、 
急に深い森の中にある神聖な神社!!って雰囲気になるんですよ。 

 

その日は参拝や観光する時にだけスポット的に晴れていましたので。 
何度か空が曇って、パラパラっと一瞬だけ雨が降ったり。木々が風に揺れて雫が落ちてきたりもして。 

晴れた清々しい森とは少し違って、 
雨に濡れて浄化された神聖な森の中にいるような、なんともいえない、独特で不思議な感覚でした。 

 

この作品は、そんな森の景色や雰囲気を閉じ込めたようなイメージなんですが。 

 

どれほど美しく神聖で輝いて見えたところで、所詮はただの雨粒。 

 

という。 

ファンタジーな部分と、身も蓋もないリアルな現実の部分が、

物凄く隣接して重なっているところが、面白いところかなと思いました。 

 

 

これは例えるなら、 

理想や夢や目標とか、掴む前は自分の中ではすごくキラキラして輝いて感じられていたものが。 

掴んだ!手に入れた!と思った瞬間に、こんな筈じゃなかった!何か違う!と感じることに似てるのかなぁと思いまして。 

 

理想が高ければ高いほど、現実と比較してこんなものかと落差を感じてしまったり。 
夢の良いところ、目標の高いところだけを見てしまって、輝きのその横にある、もう一つの現実的な側面を受け入れられない。 

 

理想と現実の狭間の中で悩んじゃったりすることもあるんじゃないのかと思うんですよね。 

 

でも、掴んだ途端に形が変わってしまったからといって、すぐに無意味になる訳じゃないと思うんです。 
すぐに興味を失ったり、掴むことすら諦めるのは早いんじゃないかと思いまして。 

 

もしかしたら、輝きが消えたように感じられているだけで。 

本当は太陽の光を反射したキラキラした美しい雫は。 
いつも、その手の中に在るんじゃないかなと思いました。 

 

どちらかに偏ってしまうのではなく、 
両方の側面を受け入れようとするようなイメージ。 

 

美しく思えていたのも。 
所詮は雨粒と思うのも、 
どちらも自分自身。 

 

変化してしまったのは、 
雫ではなく 
自分の認識の方。 

 

貴方は確かに、掴んでいるんだ。 

でも......欲しかったのはコレじゃない。 

 

そんな葛藤がありつつも。 

雫の輝きに引き寄せられてゆくように 
森の奥へと進んでゆく。 

 

何度でも、何度でも、 
煌めく美しい雫を掴んで。 

 

自分が本当は何を望んでいたのか。 

自分が掴んでいたものが、本当は何なのか、 
見えてくるものかもしれません。 

 

これは、ただの水なのか。 
それとも、神聖な輝きを放つ 
森の雫なのか――


 

相反する 
二つの世界が重なる瞬間。 


雨の森 
朝露の朝の森 

 

太陽の光が差し込む深い森の中 

 

神聖な場所 

 

よくよく見ないと目立たない、美しいもの。 


ほら、貴方の手の中にあるその雫は 
いつも世界を映し出している。 

 

Drops of forest 
-森の雫- 

 

そんなイメージの作品なのかなーと思います。 
 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪


オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 


【Drops of ripples-漣の雫】Pendant Top


【Drops of ripples-漣の雫】Pendant Top

 

アクアマリン(カボション)
宝石質スカイブルートパーズ(2mmカット丸玉+ドロップカット)
宝石質アパタイト(ミニボタンカット)

 

販売用作品!

糸島シリーズ←(笑)2作目

今回は、アクアマリンのカボションを使って、作ってみました。
こちらも、石の棚卸しをしていて気になった石の一つ。
アクアマリンって、向こう側が透けてしまうほど透明感のあるものから、こういう不透明な青色まで、濃淡が様々なんですけども。
こちらは、透明感はあまりないものの、光の反射で、キラキラっと僅かに光る部分もある石でした。

前回の太陽の雫で、オレンジカラーワイヤーを使いましたので。
今回はブルーのワイヤーをより線にして混ぜて、土台を作ってみました。

 


こんな感じです。

これも、本当に土台だけで完成されてる感がすごくてですね。
盛り込む石は最小限にしたんですが。

私の場合、盛り込む石が少なければ少ないほど、どこまで、どの石で、どの大きさで盛るか、て部分のバランスが難しく感じるんですね。(^^;;
ある意味で、沢山石を盛り込む方が華やかに見えるし、色々と表現できる幅が広がりますので。

こういう風に、石を最小限に盛り込む。
というのは、簡単なようで、実は結構時間がかかっております。


そんなこんなで、石を盛り込んでいきました。


出来上がってみると。

 


漣の雫


遠くの海のさざ波

 

白い砂浜に打ち寄せる
優しく穏やかな波

 

君に手渡す
漣の雫

 

メインのアクアマリンのカボションは、中央あたりに、僅かながらキラキラと光に反射して煌めく部分がありまして。
それが私には、海岸線から穏やかな海を眺めている光景と重なっていました。

 

太陽の光がキラキラと反射する海。
遠くのさざ波。

 

まるで穏やかな波の音が聞こえてきそうな。
そんな海を、ギュッと閉じ込めたようなアクアマリンのカボションを。

アーティスティックワイヤーのシルバーカラーと、ブルーカラーワイヤーを混ぜて、巻いてゆきました。

 

柔らかく、柔らかく。
何度も、何度も
白い浜辺に打ち寄せる波。

 

そんなイメージで、くるくる、くるくるとワイヤーのラインも、波の形が描かれてゆく。

 

今回は珍しく

海水や、海ではなく。

波にフォーカスした作品でして。

 

前回の太陽の雫は、太陽の光という掴むことのできないもの、でしたが。


今回は、"波"という、言葉で表すことや、見ることはできるものの、

どうにもこうにも、この手に掴むことはできないもの、が現れてきました。

 

だけども、不思議なことに。

ワイヤーで作った枠組みは、石を盛り込む前の土台の段階から、むしろはっきり、クッキリと波の形を主張してきまして。

 

何度も何度も、波が打ち寄せてくるように。
どんどん、どんどんと、掴めない筈の"波"が、形として現れてくる。

 

イメージの中で、ワイヤーのラインで。

これでもか!!というくらいに、

 

さざ波

 

という感覚が浮かんできましたので。

それを邪魔しないように、
飾りの石を盛るのはかなり、少なめになりました。


宝石質のスカイブルートパーズと、宝石質のアパタイトを、ワイヤーで描いた波の合間に配置する。

 

まるで青空を映したような水色と。
爽やかでキラキラした海の色。

 

遠くの海で、太陽の光に反射して煌めく光と。
砂浜に打ち寄せる波が混ざり合って生まれる

 

漣の雫

 

 

こちらの作品は、前回の太陽の雫で感じたように、糸島に観光に行った時に見た海のイメージに影響されておりまして。

櫻井大神宮に参拝した後、すぐ近くの二見ヶ浦にも行きまして。そこで夫婦岩を見たんですね。

 

浜辺には真っ白い鳥居がどーんと立っていまして。その鳥居の向こうに大きな夫婦岩があったんですが。

 

その時の天気は、曇り空。
幸運にも雨は降らなかったので、駐車場に停めて、砂浜の鳥居の近くまで歩いて行けたんですよ。

 

その時に、曇り空の中で見る海の色や。
ふいに差し込む太陽の光の中で見たその海は、ものすごく綺麗に感じられました。

 

曇り空なのに、こんなに海が美しいなんて!!

と、その時にちょっと驚いたんですよ。

 

やっぱり、普通は青空で太陽が燦々と光る時に見る海が1番美しいと思いますし。
曇り空の海って、どちらかといえばどんよりして暗いイメージじゃないですか。

 

そして、この日見た海の色も、その景色も、写真で撮ると、本当になんてことない色になっちゃうんですが。笑  

 

肉眼で見た海の色と、その景色。
白い鳥居と、夫婦岩。
身体で感じられるその場所の雰囲気や空気感が、なんだかとても美しく感じられたんですね。

 

その時に見た、とっても穏やかな海のイメージが、この作品と重なってゆきました。

 

まるで、美しく感じられる感性とか、美しい海そのものがざぶーん!とさざ波と共に、私の中に届いたような感覚。

 

 

寄せては返すその波を
掴むことは不可能かもしれない。
手に入れることは無理でも。

 

その波が
私に届けてくれたもの。

手渡してくれたものが
ここに在る。


 

これは私の勝手な解釈ですが、

 

このさざ波は、
流れに乗るとか、波に乗るとか。
バイオリズムのようなもの。
目に見えない縁や繋がりとか。

 

そういうニュアンスやテーマがあるのかなと思うんですが。

 

その流れや落差はあまりに穏やかで。
変化も少ないものだから、自分では感じとりにくいものなのかなと思うんですね。

 

いつの間にか潮が満ちて。
いつの間にか引いてゆくように。


境目が無くて、わかりにくいもの。

 

近づいたと思ったら離れ
離れたと思っては近づいてる

 

何度も何度も、
そんなことを繰り返しながら

いずれ到達する場所。
いずれ、手元まで届く何かがある。

 

そんな波を信頼して、
思い切って身を任せてみる。

てのも、実は結構勇気がいると思うんですよね。

 

ていうのも、全然変化してるように見えないと、内心めっちゃ焦ると思いますし。
なんとかしようと躍起になったり、 凹んだり、自分で頑張って波に乗ろうとしちゃったり。
流れに身をまかせるっていうのも、自分ではそもそも、何が流れなのかわかんない!(笑)てなると思うんですよ。w

 

変化が大きいのは、大きいので大変かなと思うんですが。笑

ゆっくり、じっくり、じわじわとした変化というのも。
腰を据えて取り組む忍耐強さとか、委ねる気持ちが必要かなと思うんです。


その流れは、まるで
さざ波のように。

 

小さな、小さな変化と行動の積み重ねの先にあるものかもしれない。

 

何度やっても、何も変わらないじゃないか!

と思うくらい、あまりに、じれったいもの。


時間がかかるものなのかもしれない。

 

寄せては返す波。

それでも、その穏やかな波に身を任せ。
小さな変化を感じてゆく先に。


連れてってくれる場所。
教えてくれるもの。
届けてくれるもの。

自分の心が、ハッとするような美しい何か。
気がつくことがあるんじゃないかなーと思いました。

 

 

それは、例えるのなら。

 

海岸線から見ていた、遠く、遠くの。
太陽の光に反射してキラキラ光っていた海が。

 

さざ波に乗り
小さな雫となって
貴方の手元まで届いたようなもの。 

 

いつの間にか。
手にしている。

 

いつの間にか
その手に贈られているもの。

 

Drops of ripples

 

穏やかな波に乗って

 

君に手渡す
漣の雫


そんなイメージの作品なのかなーと思います。


応援ポチよろしくお願いします!^^

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ただいま、ぼちぼちペースではありますが、
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 


虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪


オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 


【Drops of Sun-太陽の雫-】Pendant Top 

 

【Drops of Sun-太陽の雫-】Pendant Top 

 

ホワイトシェル×ウィスキークォーツ(カボション) 
宝石質サンストーン(カットロンデル) 
宝石質シトリン(ミニボタンカット) 
レッドアゲート(2mm丸玉) 


販売用作品! 

久しぶりに、販売用作品を作ることができました。笑 
一月は棚卸しをして、無事に確定申告も終わり。 
ほっと一息ついたところで、1月末頃に、日帰りで福岡の糸島観光に行きました。 

その時に、櫻井神社、桜井大神宮という神社に行ったのがキッカケで、なんだか影響を受けちゃったのか。 
その後制作した3作品はシリーズもののようになりましたので、糸島のエピソードと共に書いていきたいと思います。 


ということで、メインのカボションは、1月になってから石の棚卸しをしてましたら。 
あら、引越しのドタバタで仕舞いっぱなしになっていたけど、こんな石仕入れてたなー!!と思う石を何個かピックアップしていましてね。 
一応、オーダーメイドなどに対応できるように、気になった石などストックしておくこともありますが。 

その中で、ホワイトシェルの上にウィスキークォーツを重ねて貼り合わせしているカボションというのを手にとっていました。 

人工的に二つの石を張り合わせ加工しているホワイトシェルとウィスキークォーツの合わせ技での、金色の光沢がすごく綺麗で。 

太陽の光のようなイメージだったので、ゴールドカラーワイヤーと、細めのオレンジカラーワイヤーをより線にして、土台を作っていきました。 
 


土台はこんな感じで。 
この時点で、太陽の雫!!というイメージでしたので、それを崩さないように、石は少なめで盛っていきました。 


出来上がってみると。 
 

 


-Drops of Sun- 
太陽の雫 


雲間から 
燦々と差し込む太陽の光が、雫に変わる。 

掴めない光を 
僅かながらに閉じ込めて。 

君に贈る―― 


メインのホワイトシェル×ウィスキークォーツは、人工的に二つの石を張り合わせしているカボションなんですが。 
その独特の金色の光沢は、私にはまるで太陽の光を閉じ込めた雫のように見えました。 

 

本来、光そのものを掴むというのは不可能なことですが。 
遥か彼方の太陽から、この地上へと。 
まるで雫のようにギュッと凝縮されたキラキラとした光が降りてきたような。 
そんなイメージ。 

 

その石に、ゴールドカラーワイヤーと、オレンジカラーワイヤーを混ぜて二色使いでペンダントの土台を作ったんですが 
自然と見た目のデザインも雫っぽい形になりまして。 


オレンジカラーワイヤーのより線がアクセントになって、まるで太陽のエネルギーが循環してグルグル回ってるようなパワフルさがありつつも。 
型にはまらない、収まらない感じや、独特の柔らかさ、柔軟さも持ち合わせているような、不思議なラインになりました。 

 

外枠は鋭く尖っているような形に見えて、実はその内側は柔らかく。 

じわじわと身体が内部から 
温まっていくような熱や、光。 

 

今回は土台を作った段階で、かなり完成された感じがしましたので、盛り込む石は少なめにしたんですが。 

これが、かなり難しく。 

どの石をどういう配置にするか、どの石を盛るか、決めるのにだいぶ時間がかかりました。笑 

 

 

上から下へ。 
太陽から、地上へと降り注ぐ光。 

 

そして、それだけでなく。 
流れるような、雫が降ってきたようなイメージが出るように。 

 

太陽の光のような宝石質サンストーンのボタンカット、宝石質のシトリン。 
赤々とした熱さを感じられるレッドアゲートの3種類を盛り込んでみたところ。 

なんだか、異国の姫君が身につけるアクセサリーのような雰囲気も出てきまして。ww 


気位高そうな美人の姫君が身につけてそうなイメージに感じられました。 

遥かな時をかけて、その雫だけが。 
異国の世界から、 
貴方の手元にやってきたような。 

 

そんな雰囲気。 
時空も時間も越えて、届く光。 


最近、FGOを始めたので、その影響もあって、ギルガメッシュのようなイメージもちょっと浮かんできましたのでww 

小さな光の雫とはいえ、影響の大きそうな、パワフルさのある感じだなーなんて思いました。笑 


実は、今回の作品は、土台から明確なイメージがありまして。 

 

それは、 
福岡の糸島に観光にでかけた時に、櫻井大神宮に参拝した時の太陽のイメージでした。 

その日は生憎、朝からザーザーと雨が降っておりまして。こんな天気だと、神社の参拝は無理かなぁと、半ばしょげた気持ちになりながらも、せっかくだからと旦那と2人で糸島にお出かけをしておりました。 

 

糸島に到着して、お昼ご飯を食べる前までは、相変わらず雨が降っていて。 
雨雲は途切れることなく、まったく止みそうにないお天気だったんですが。 

 

お昼ご飯を食べ終わってお店を出た時に、 

なんと、急に、分厚かった雲がこの周辺一帯だけ晴れ、ぱあーっと青い空が見え、太陽が顔を出したんですよ。笑 

 

これは!!今参拝に行くべし!!(*^o^*) 

 

ということで急いで櫻井大神宮にいきまして。

途中何度も曇ることはありましたが、その日は夕方頃まで雨は降らずに、参拝や観光することができました。 

櫻井大神宮は、伊勢神宮の豊受大神と天照大神を祭っている神社でして。 

 

それもありまして、この神社の中で、青空の中の太陽ではなく、雨が降りそうで降らない、雲間から差し込む太陽の光のイメージが、強く私の中で印象に残ったんですね。 

 

たまたま、その日のその時間帯、その地域だけの、偶然の晴れ間だったとしても。 
まるで、太陽が味方してくれたように感じられて嬉しいじゃないですか。笑 

 

奇跡と呼ぶには、弱い出来事だけど。 
それでも、自分の中で少し、特別に思えて嬉しくなること。 

 

この作品は、そんな風に。 

分厚い雲がかかっていたり、 
土砂降りの雨が降っていても。 


ふっと、晴れ間が見えたり、 
光が差し込んでくるような気持ち。 

 

諦めかけたり、沈んだ気持ちの中にも届くように。 
あたたかな繋がりを感じさせてくれるような。そんな太陽の光なんじゃないかなと思いました。 

 

強すぎず、弱すぎず。 
いつも、私に降り注ぐ光。 

 

土砂降りの雨の中。 
分厚い雲がかかった空ばかりを見つめて。 

 

挫けそうになったり。 
しょげたり、拗ねたり、 
ネガティヴな気持ちの中で 
諦めかけて。 

 

ずっと、見えなかった光が 
ここに在る。 



たぶん、この作品は 

強すぎず、弱すぎず。 

 

というのがポイントなのかなと思いました。 

 

太陽そのものを表したというよりは、太陽の光を雫に閉じ込めた、というイメージですので。 

もしかしたら、人によってとか。 


その時、その瞬間の自分の状態によって、感じられる光の強さが違うんじゃないのかなーと思うんですよね。 

夏場のギラギラした強烈な太陽の光から、雲間からチラッと差し込む柔らかな光まで。 

 

感じられる強さは様々だからこそ、 

このペンダントの持ち主にとって、 
いつも、ベストな光を届けてくれるんじゃないかなと思います。 

 

雨の中の、ほんの僅かな晴れ間 
分厚い雲の中から差し込まれた 

光の雫 

 

上から下へ。 
降り注ぐように。 

 

いずれ青空の中、 
燦々と映える太陽も見つけられることだろう。 

 

私の心の中に、染み込むような 

太陽の雫。 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。 


 

チェーンを通すとこんな感じです。 

ゴールドカラーのチェーンが無かったのでw 
サージカルステンレスのチェーンで撮った写真です。笑 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ただいま、ぼちぼちペースではありますが、
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 


虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪


オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 


キリ番ゲット!プレゼント作品【クンツァイトのメダイ】 

キリ番ゲット!プレゼント作品【クンツァイトのメダイ】 


 

クンツァイト(さざれ) 
シンセティックオパール(4mm丸玉) 

 

虹色の花ブログの方ではキリ番設定というのをしておりまして。 
ブログ左側のカウンターに、お遊びがてら、指定したキリ番を踏むと、その方だけにキリ番ゲット!の画像と、メッセージ入力フォームが出るように設定してあります。 

 

9月頃に、5000を踏まれた方がいらっしゃったのですが、諸事情ありまして、期間がだいぶ空いてしましましたが、記念に作らせて頂きました! 

 

キリ番ゲットの作品は、あくまでお遊び枠ですので、リクエストもお聞きするものの、その中でピンときたものを作らせて頂く。 
ということで。笑 

 

リクエストは色々と書いて頂いてたんですが、メールの内容等掲載は不可ということですので、ご紹介はできませんが、 
その中でクンツァイトのお花。 
というキーワードをメインに、制作いたしました。 

 

こちらの方は、過去に何度か作品を購入頂いたお客様でもあるんですが。 
リクエストを読んだ時に、ふいに、クンツァイトのさざれをより線にして束ねたものをペンダントにする。 
というイメージが浮かびました。 

 

私の中では、かなり珍しい作りになるんですが、メインの石を据えず、

さざれを束ねる形で、ワイヤーをまとめて形にしていきました。 

 

出来上がってみると。 

 


クンツァイトのメダイ。 

 

まるで、祈りの為の道具のような。 
不思議で謎めいた、お守りちっくなペンダントになりました。 

 

クンツァイトのさざれは、楓さんからサンプル代わりに頂いた石でして。 
12月のプレゼント企画で使った残りのさざれ全部を使って、細いワイヤーでより線にして、花のように束ねていきました。 
シンセティックオパールをつけた段階では、 
すごく機械的なイメージで。 
まるで、攻殻機動隊のタチコマみたいな感じ。 

 

そこから、22号のシルバーカラーワイヤーで、動きを制限するように固めていくと。 

銀色のメダイのように形作られ、その中に描かれているのは、人型のような何かに思えてくる。 


人物や何かが、花びらと共に浮き上がっていくようなイメージ。 

実際、ワイヤーで固めてみたものの、動かそうと思えばクンツァイトは多少はくねくねと動かせますので。(笑 

もしかしたら、明確な形、確かな形、というものは、無いのかもしれません。 

 

メインの石はこれ!と呼べるものがなく。 

 

まるで、パズルのピースのように 
石が寄せ集まって出来上がる形。 

 

ピンク色の花びらの中から。 
メダイの絵柄から。 
祈りの中から。 

 

見つけ出すもの。 

 

この作品はなんらかの 
効果を引き出すものというよりは、 
謎めいた沢山のヒントの中から 
自分なりの正解を掴み取る。 

 

ということが重要なのかなと思いました。 

 

曖昧であればあるほど。 
答えは一つにはならず、それを見る人によって、その人なりの答えが増えてゆく。 


どれが正解か、なんて迷ってしまうけれど。 
実は、どれもが正解なのかもしれない。 

 

この作品の 
解釈も、形も、色も、存在すらも。 

君の答えじゃ無い。 


ですので、今回は、はっきりした何かを示すことができず。 


この作品の名称すら、 
クンツァイトのメダイ。 


という、とても曖昧なものになりました。 

 

自分なりの正解を見つけようとするとき、他の人の考えを参考にしたり、

本を読んで知識をつけたり、色々と外側の情報をもとに判断することの方が多いと思うんですが。 

 

最後の最後、こうだ!こうする!と決めるのは、自分なんですよね。 

なので、周りが言ったからとか、本に書いてあったから、とかそういう外側の情報の所為にするんじゃなく、 

 

自分が出したその答えに、自信や責任を持つようなものなんじゃないかなと思いました。 

 

ヒントのようなものは本当に盛りだくさんにある気がするんですが。 
"答え"そのものになりそうなものは、何一つ教えてくれない感じ。 

 

だってそれは、君が見つけ出すものだろう? 

 

とでも言いたげで。 


えらく挑戦的な気もします。←爆(^_^;) 

 

逆にいえば、他人がなんと言おうとも、 
答えは自分で決めていいんだよ。 

 

という風にも解釈できるかもしれません。 

 

沢山のヒントの中から、選び取り。 
花びらの中に隠れたものを探し出し。 
パズルのピースを嵌め込むように。 

 

楽しみながら答えを紐解いてゆくような、 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。

 

答えはいつでも、君の側に――

 

ということで、キリ番ゲット!のプレゼント作品でした。 

次回は6000ヒット!の時に、画像とフォームが出るように設定してます。 
お遊び企画ですが、欲しい方は狙ってみてくださいね!(*^^*) 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
 

新作も只今少しずつ作っておりまして、3月か4月ごろには
ちょっと新しい試みもやってみようかと思っております。
どうぞお楽しみに♪


応援ポチよろしくお願いします!^^

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ただいま、ぼちぼちペースではありますが、
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 


虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪


オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 


| 1/21PAGES | >>