calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>



人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

recommend

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

【Sword-Blue flame-蒼炎の剣】

【Sword-Blue flame-蒼炎の剣】







刀身
カヤナイト(原石)


ローズアメジスト(枠留めファセットカット)
ラピスラズリ(穴あきタンブル)
アクアマリン(穴あきラフロック)
ネオンブルーアパタイト(さざれ)
ブルーアパタイト(6mm丸玉)
ブルーメノウ(4mm丸玉)
アメジスト(さざれ+ミニボタンカット)
アイオライト(ミニボタンカット)


新館用作品!


ということで、プレゼント企画とオーダーにてんてこ舞いで。笑
先月あたりから、出来上がっていたのに完全に放置していた(爆)のがこの剣。

7月あたりから、なーんか突然、

変な剣を作りたい!!!!←

と、思いましてね。
そしたら、急に、このカヤナイトの原石がぽん!と思い浮かびました。

そして、実はこのカヤナイトは、りゅーらさんから物々交換で一つだけ頂いた石なんですが。


りゅーらさんのお店はこちら↓

【りゅーらのアトリエ ティアラクラウン】
http://tiaracrown.cart.fc2.com/

これ!刀身にして作ったら面白い剣になりそー!!((*´∀`*))ワクワクがとまらねぇ!!←

て感じで、ノリノリで作ってみました!

てことで、先ずは土台から。

今回は、カラーワイヤーを混ぜずに、角線と丸線のシルバーカラーだけで統一して、羽のような装飾を沢山作ってみました。
中央には、六芒星のチャームと、ローズアメジストの枠留めファセットカットを重ねて。六芒星が透かして見えるように固定しております。





この時点で、めっっちゃ石盛る作品やな!てのがわかるくらい、土台部分がスカスカしてます。
だいたい、石をあまり盛らなくていい作品は、土台からして厚みとか装飾がしっかりしてるんですが。
今回は羽のような装飾が沢山なのに、かなりスカスカだったので、それを埋めていくような感じで、石を盛っていきました。


出来上がってみると。






Sword-Blue flame
-蒼炎の剣-


巨大な、青き炎の翼。
それを纏う、蒼炎の剣。

全てを焼き尽くしても飽き足らない。

それは赤い炎よりも、強く。鋭く。

まるで、跡形も無く。
チリも残さず、一瞬で溶かされてしまいそうな程に、熱い。

青き炎が私に、囁きかける。

暴走してしまいそうな気持ちを
コントロールしろ。

全てを受け止めるように。
静かに。

落ち着いて。

この剣を握りしめ。
ジリジリと焼け付くような痛みと共に。

ずっと閉じていた瞼を開いて。
ゆっくりと、前を見据えた。

見えるのは。
私を護るように、広げられた翼。

大丈夫だ。

震えそうな心に、何度も言い聞かせる。

燃え盛る青い炎が。
翼が。

私を値踏みしていくように。

やがて、全ての。
視界さえも蒼く染めて。

包み込んでいった.......







ガスバーナーの炎のようなカヤナイトの原石を刀身に。
シルバーカラーの丸線と角線を混ぜて作ったこの剣。
カヤナイトの刀身と、ワイヤーの柄の部分を、どんどんと覆いつくすような勢いで、うねるような青い炎が剣のまわりを彩って、包み込んでゆきました。

ブルーアパタイトや、ラピスラズリの、夜空のような濃ゆい青色が弾けるように。それぞれの方向へ、鋭く刺すように、燃え上がってゆく。

それは、消せない炎。
消えない、炎。

その炎の揺らめきや、残像を表したようなアクアマリンの水色と。
ネオンブルーアパタイトの細かいさざれは、と、アイオライトで、より、炎の動きやうねりを表しているように見えました。

写真や絵のように、固定されてしまった炎ではなく。
常に燃え続け、形や色が微妙に変わってゆく青い炎をイメージして。

さらに立体感を増す為に、紫のアメジストのさざれをアクセントに使ってみました。





そして、剣の中央にも、六芒星のチャームと、ローズアメジストの枠留めファセットカットを重ね合わせまして。

剣の柄に埋め込んだ魔法陣から、青色の炎を呼び出してゆくようなイメージで。

より、魔法の剣のような雰囲気を出してみました。

とっても強そう。
豪快にバシバシと剣を振るい、
炎を撒き散らしているように見えるこの剣。

その、あまりに大きな炎は、翼の形を成してはためき。
柄の部分にまで燃え盛ってしまったので。

たぶん、掴める所は、この細い部分だと思うんですが。笑





形としては剣をイメージして作ったのだけど。

どちらかといえば、チェーンソーみたいな感じもするなと思いました。笑

青い炎で、なんでもスパスパ!っと、
溶けながらサクサク切れちゃう!
みたいな。



しかし、そんな強さとは裏腹に。

実は作りとしてはとてもとても繊細で。
まるで、
ガラス細工のように、細やかで。
見た目もとても透明感があります。

なので。

これはもしかしたら、ぱっと見の豪快さや華やかさとは真逆の性質の剣なのかなーと思いました。


最近、ドラクエにハマってるので、例えがドラクエ風になってしまいますが。笑

剣士が使うには、炎を呼び出せず。
魔法使いが使うには、炎は呼び出せれど、非力過ぎて剣が振れない。

だからこれは、きっと。
魔法戦士が使用するような感じで。

両方の職業になって始めて扱えるような剣。

という感覚でした。


剣の柄にまで燃え上がる程の、大きな炎の翼が浮かび上がる。

何でも叩き切れば、燃やせば良いってものじゃない。

感情に任せてぶん回せば、やがて身体ごと振り回されて。
強力な力を使いこなすこともできずに、アタフタするのがオチだ。

冷静に先を読み。
その、青い炎の使い道を、

自ら、慎重に選び取ってゆく。

それは。

物凄い精密さと、繊細さと、経験を要求される。

まるで、ガラス細工を作る職人のようなイメージで。

必要な分、必要な時。
適切に、青い炎を呼び出して。

掴みとってゆくもの。
形を成してゆくもの。



簡単なようで。
それは職人芸のように、積み重ねた感覚や経験だけが頼りの作業で。
炎が多すぎれば、自らの手を焼き切ってしまうような。危険さを伴う。

だから、非力なままでは扱えないのだ。

力も、技も。精神も揃ってこそ。

だからこそ、この剣を持つ者は。
常に問われるのだ。

ただ、鋭く切れれば良いのか。
ただ、炎を呼び出し、対象を燃やせればそれでいいのか。

そして、常に自身に問いかけるのだ。

これ程の高温の炎が必要なのは、何故なのか。
これ程の剣を、扱う必要があるのだろうか。


そんな風に見てみると。
この剣の繊細さと、強大な翼のような青い炎は。

何かを切る!倒す!というよりも。

溶かす!!とか。
変容させる!!

とか、そういう意味合いの方が、かなり強い気がしていまして。

それは、まるで。

新しい何かを、溶かして生み出す為に現れた炎のようにも思える。


だって、何かを倒す武器として使うには危険過ぎるだろうし。
これ程の剣で、一体、何と戦うというのだろうか。

より、強く。鋭く。
そんな風に強さだけを求めてしまった挙句の果てに、出来上がったこの剣を。

扱える者は誰もいなかった。

なんて、ファンタジー漫画にありがちな設定とオチが見えてくるんですが。(笑



でも、生み出す為に使うというのなら。

この剣には、新しい何かを生み出したり、作り出したりする。
無限の可能性があるような気がしたんです。

今までは、できなかった。
今までは、想像だにしなかった。
今までの、道具では、温度では、環境では無理だった。

そういう、"今まで"はこうだった。

という、思い込みや、既成概念さえも、全て溶かして作り変えてしまうように。

新しい、ワクワクするような何かを手にした時のように。

使い方次第で、如何様にも。
溶かし、変容させ。

新しいものが生み出せてしまう。

そんな、不思議な。
魔法の剣。






そうさ。驚いたかい?

何かを倒すコトしか見えてなかった君には。
今まで思いつきもしなかっただろう。


実は、この剣を作っている時に、頭に流れていたBGMは、マリスミゼルのイルミナティでして。(懐かしい 笑)

超怪しさ全開!なこの曲を思い浮かべると。。

この剣のはじまりは。
魔術的な怪しさ、魔法の実験の果てに生み出されてしまったもの。

という裏設定のようなものが、見え隠れしてるんですよ。ww

怪しげな実験を繰り返し、 魔術的な要素を組み込み、より強力な。より強大な炎を呼び出したまでは良かったのだが。

実験に加担した、ただの魔法使いや研究者には、この剣はとてもとても、扱えそうもなかったのでした。笑



だからこれを。
武器として見るならば。
ただただ、強大で強力過ぎて。
扱いにくい役立たずの剣なのかもしれない。

暗い過去を引きずって。
封印してしまったようなもの。

逃げても、目をそらしても。
過去は変えられず。
苦しんでしまうような、気持ち。

だけど。

武器ではなく。
倒す為ではなく。


別の、新しい使い方を生み出した瞬間。

その青い炎も。

剣を振り回す行為も。

何かを焼き尽くし、溶かすコトも。

全て。

破壊ではなく、創造に変わる。

それに気がついた瞬間の。
胸がすくような。

晴れやかな気持ち。


そうだ。
お前とともに。
これからは、

この炎で生み出してゆけばいい。

新しい夢が、次々と心から浮かび上がってゆく。



これは、そんな出逢いのエピソードがある剣なのかなーと思いました。



その剣が、どんな使い方なのかは、
私には明確にはわからないんですが。

なんていうか。

この剣とともに、諦めずに。
新しい使い方を見つけて欲しいなぁと思います。

過去がどうあれ。
出生がどうあれ。

例え、破壊の目的の為に生み出されたものであっても。



使い方は、持ち主が決められるのだから。

君はそれを、破壊の武器として使うのか。
君はそれを、創造の道具として使うのか。



実は、私には、もう見えているんだ。

だから君にも、きっと見えている筈さ。

それはとてもキラキラしていて。
美しい青炎を宿したように煌めいてる。

そんな、
"何か"が、出来上がると思うから。



青い炎というのは、なんだか私の中ではとても幻想的で。美しくて。

その炎に包まれていたら。
自分自身の心の、頑なだった部分さえも、強引に溶けてしまうような感じがしたんですね。

でも、炎なだけあって、ゆっくり促すとか流すとかよりも、いきなりドーン!て焼けて溶けちゃった!(汗)て感じで、かなりスパルタだなーと思います。←

1度溶かして不純物取り除いて新しい形に固める。みたいな作業というか。
(; ̄Д ̄)

でもそうしてみたら、今までよりも、もっと美しい何かを作り出せるコトに気がつくような。
新しいアイディアや、行くべき道が湧き上がるような。

そんな感覚だと思います。

だから、出来上がる"何か"は、物質的なモノだけとは限らない。

揺らめく青き炎を手に。
君は、そこから。

どんな美しいものを作り出し。
変えてゆくんだろう。



そうか!
こんな使い方も、あったのか!!!!

そういう嬉しい衝撃と共に。
何度でも、気づきをもたらしてくれそうな剣。






変わったのは私なのだろうか。
それとも、この剣が。
それを、望んでいたからなのだろうか。


呼び出かけに、
応えるように燃え上がる蒼き炎。


その翼のはためきは。

蒼き炎が作り出した、
ただの幻なのだろうか。

胸の奥で、受け止めてゆく度に。
新しい力が、湧き上がってくる。

晴れ晴れとした想い。

......そうだな。
恐れることはない。

お前と共に、
この新しい道へ行こう。


Sword-Blue flame-
蒼炎の剣


そんなイメージの作品なのかなーと思います。

応援ぽちよろしくお願いします。(*´ω`*)



*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @
COMIC CITY 福岡38
2015年9月23日(水 祝日)

福岡ヤフオク!ドーム

サークル名
【魔法使いと三日月猫】 &【あそびや楓】

スペース番号 【エ 18 ab】&【エ 19 ab】


http://mixi.at/aeAiB7M


にて、久しぶりにイベント販売いたします!
只今、色んなイベント作品を制作中♪
お近くの方はぜひ、遊びに来てください♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
【お知らせ】

stone shop - Blue Whale-
http://blue-whale.shop-pro.jp/


Blue Whaleが、諸事情で只今1か月間お休みになっておりまして。
オーダーメイドも受付を停止しておりますが。

もしも、オーダーをご希望の方がおりましたら、

https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01289711

こちらの、虹色の花新館のお問い合わせメールにて、
ご連絡くださいませ。
納期が少し遅くなりますが、打ち合わせ等のやりとりなど、
私が直接対応いたします。^^


★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

虹色の花 - flower of rainbow-
http://nijiironohana.com

新作の髪留めとクロスデザインのペンダントなど販売中♪

これは!!!Σ(゚Д゚)とビビッときた方、気になる作品がありましたらどうぞ
よろしくお願いいたします。m(__)m

 

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする