calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>



人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ☆当選者発表!☆★☆★虹色の花クリスマスプレゼント企画!2016★☆★
    虹色の花 (12/25)
  • ☆当選者発表!☆★☆★虹色の花クリスマスプレゼント企画!2016★☆★
    4mhicchi (12/24)
  • プレゼント作品【newly‐emerged butterfly -*羽化*】 
    もりっと母 (09/19)

links

profile

recommend

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

【Cosmo Gun-魔法の銃-】 

 

【Cosmo Gun-魔法の銃-】 



穴あき水晶 
宝石質ブルーミスティックトパーズ(オーバル) 
ムーンストーン(6mm丸玉) 
ラブラドライト(5mm丸玉) 
レインボーオブシディアン(リーフ) 
ゴールデンオーラ(4mm丸玉) 
パルティックアンバー(コイン) 
琥珀(さざれ) 
ガーネット(ミニボタンカット) 
アンダリュサイト(ミニボタンカット) 
アイオライト(ミニボタンカット) 
アクアクリスタル(ミニボタンカット) 


初の、ワイヤーで銃を作ってみましたぁぁぁぁぁ!!(*´▽`*) 

 

キッカケは、オーダーメイドのお問い合わせにて、

デリンジャーのような小型の銃を作れるかというオーダーを頂きまして。

 

過去に一度も作ったことがないものでしたので、とりあえず、できるかどうか、作ってみます!! 

 

てことで、こちらは試作品にはなりますが、思った以上に出来上がりがうまくいったので、ネットショップ販売用になります。 

オーダーメイドでお客様からお問い合わせを頂いたものの、この試作の銃はオーダーのリクエストにお応えしたものではなく、私が好き勝手作ってみたものになります。 

 

実は、このお問い合わせを頂いてから、 

 

銃…だと?! Σ(゚Д゚)
それは今まで、作ろうと思ったことないぞ?!私に作れるのか?? Σ(゚Д゚)

 

と、色々と作るための手順のイメージを浮かべてみて、
非常にワクワクしてしまいまして。笑 

 

今までも、ワンドや剣などは作ったことあるものの、

殺傷能力高そうなイメージの銃を、水晶とワイヤーで作るって。。一体どうなるんだろう? (@_@)

 

と思い、こうすればできるかな?という予想だけで、土台を作っていきました。 

初めてなので、作りやすいように穴あき水晶をセレクトしてみましたが。 
じっくり水晶を選んだというよりは、試作なので力を抜いて、

近くにあったものをパッと選んで作った(笑)というセレクトだったんですけども。 

出来上がった後から見ると、 

おい、これ、水晶のサイズや大きさがかなりベストマッチじゃねーか?! 

 

て感じで、 
他の石だと長さが足りなかったり細すぎたり太すぎたりと、後にオーダーの作品の打ち合わせで水晶を選ぶ時には、組み合わせが結構限られていてセレクトが難しかったので。 

試作の銃は、ビギナーズラック!的なベストマッチ!なサイズのセレクトになっておりました。← 

 

そんなこんなで、セレクトした水晶は、 

 

銃身に2つ。 
グリップに1つ。 

それぞれ配置して、作りながら形を整えていきました。 

 

 

 

こんな感じです。 
土台を見ると、かなりの試行錯誤な感じが出てますね← 

 

この銃身は、先端の方が水晶が短めで、後ろの水晶が大きめでしたので、

先端の水晶の切れ目のあたりにワイヤーを重ねて、二つの水晶の繋ぎ目が隠れるようにしております。 

どちらも穴あき水晶ですが、一応、穴なしの水晶でも作れるように、先端の水晶はあえて穴にワイヤーを通さず石を留めています。 

グリップ部分も、穴あき水晶を使っていますが、こちらもその穴にはワイヤーは通さず。
ペンダントを作る要領で周りで固めて留め、グリップの形を作りつつ、銃身とドッキングさせて、整えていきました。 

この時点で形になってきているものの、かなりスカスカしてますので。 
グリップ部分はガンメタワイヤーを重ね。 
銃身にもシルバーワイヤーとより線を重ねてある程度の形にしていきました。 

 


ここまでの土台で、通常のワンドとか剣とかの作品よりも約2倍ほど時間かかりましてね。 
そりゃあそうだよね。この時点で石3つ使って、慣れない銃の形にしながら留めてるもんね(汗) 
裏側はこんな感じです。

 


 


それから、石を盛っていきました。 

 


出来上がってみると。 

 

 

 

 

これは、武器職人ではなく。 
魔法使いが作った銃だよ。 

 

だからね。 


戦いに赴く為に懐に忍ばせるのではなく。 
何かを傷つける為に持つものでもなく。 

 

相手を撃つため、自分を撃つ為ですらない。 

 

その銃から放たれる魔法は、 
幾つもの星の力を帯びて煌めくんだ。 


世界を彩る魔法の銃。 

 

いつかの日に 
君が夢見た、魔法の銃だよ。 

 

今回の作品は、一応試作品ということになるんですけども。

初めて作る銃にしては、まるで前からつくり方を知っていたような気分にさせる、不思議な銃になりました。 

 

テーマも何もかも、真っさらな状態から。 

とりあえず銃という形を作ってみる。 

そういう試みから始まり、水晶とワイヤーを重ねていくたびに、

徐々に、徐々に、この魔法の銃の形が浮き上がっていくような感じがしていました。 

 

銃身と、グリップに埋め込んだ3つの穴あき水晶。そこから、シルバーカラーワイヤーと、ガンメタワイヤーで銃の形を作ってゆく。 
土台の部分までは、昔の海賊が持っているような、かなりレトロな銃のイメージだったんですが。 

石を盛り込んでゆくと、 
青空を飛び越してゆき、宇宙へと向かってゆきました。 

 

 

グリップ部分は、昔の銃のイメージでのレトロさ、渋さのようなものを表す為に、黒に薄っすらと他の色が混じっているような独特の色合いのレインボーオブシディアンのリーフがぴったりでしたので、それを取り付けまして。 

 

アンダリュサイトのミニボタンカットや琥珀などの茶色を配置して、さらにレトロ感アップさせていきました。 

このグリップを握った時点では、まだ地上。 

 

 

だけどそこから、銃を構えると。 
青空を見据えるかのように輝く、ブルーミスティックトパーズ。 

 

これは天然のトパーズに金属を圧着させてこの色を出しているものなんですが。 
グリップ部分と、引き金と、銃身にそれぞれ配置しておりまして。 

 

地上から青空へと飛び立ち。 
地球の大気圏を抜けるように、その先を見据え。宇宙をぐんぐんと突き進むような感じがしました。 

 

軽々と宇宙に到達し、月を横目に通り過ぎるようなイメージで、グリップ部分に一粒だけのムーンストーンの6mm丸玉。 

宇宙空間を思わせる、ラブラドライトの5mm丸玉は、まるで銃に弾丸を込めてゆくような気持ちで配置してゆきました。 

 

 

地上から、地球を飛び出し。 
宇宙や銀河、星々をこの銃で旅するように突き進むイメージと共に。 

自分が経験し、旅している宇宙そのものを、そのまま、弾丸にして撃ち込むような奇妙な感覚が重なっていまして。

 

撃鉄から銃身に向かうにつれ、盛り込んだ石の一粒一粒が、宇宙の星や、魔法のエネルギーを表してるかのように感じられました。 


丁度、引き金のあたりから、銃身の先端までのラインで、流れるように様々な石を配置していまして。 

これは、銃の弾丸を込めてゆくような感覚だったんですけども。 


弾の種類は一つだけではなく、大小様々な種類の魔法を沢山込めてるみたいなイメージで。 

ラブラドライトだけでなく、アイオライト、アクアクリスタル、アンダリューサイトのミニボタンカットや、六芒星のパーツに留めたゴールデンオーラなど。 

 

銃身に散りばめた石たちは、宇宙を旅した時に見た、彗星や、惑星、様々な星を表し、その力がギュッと込められてる。 

 

さっき通り過ぎた筈の月さえも弾丸に変わり。 

旅した宇宙の星や、惑星が次々と弾丸へと変わる。 

 

まるで、経験した事が自らの力へと変えられていくように。 

星の力が込められた沢山の魔法が、この銃に詰め込まれ、放たれようとしているように見えました。 

 

 

唯一、撃鉄部分と先端にあるガーネットだけは、

星や宇宙のイメージではなく、発射するための起爆剤のような感じで、勢いを表してみました。 

 

この銃は、 

例えるなら、銀河鉄道999の、宇宙戦士の銃として出てくるような雰囲気でして。

見た目はビームがバンバン出そうなコスモガン!て感じで、とても威力があって強そうに見えるんですが。 

 

 

実は、 

浮かんでくるテーマや、持った時の感覚としては。 

 

めっちゃ、軽いなー 

 

とおもいました。(笑) 

 

まるで、オモチャの水鉄砲を持つくらいの気軽さ。 

銃なのに、ずっしりとした重さもなく。 
ビームが出そうな見た目なんだけど、実は、何も傷つけることのない魔法ばかりが詰め込まれている。 

 

地上から、宇宙へと旅するくらいの規格外の広さを持つイメージの銃なのに。ww 

それぞれの星の力を借りた魔法は、組み合わせや配置などで発射する度に効果が変わるのに。 
なんだか楽しげで、面白そうな効果を持つものばかりです。 

 

 

 

これは、例えるのなら、レプリカや模造品の要素がかなり強いのかなーなんて思ったんですよね。 

 

例えば、銃にしろ、剣にしろ、もしも本物を持つとなると。 
それを扱う責任がのしかかったり、取り扱いに注意しないといけなかったりと。 
遊びでは使えなかったり、気軽に持てなかったり、結構、気を使うものだと思うんですよ。 

 

でも、模造品やレプリカなら、飾ったり、持って楽しむ部分が多いので、安心して持てるじゃないですか。 

この銃も、どちらかといえばそんなイメージで。 
試作品でしたので特に、危険性の無い、安全な銃としての要素が大きくなったのかなと思いました。 

 

 

武器職人ではなく。 
魔法使いが作る銃。 


そしてこれがもしも本物なら、危険な魔法だったり、強力な魔法が込められているでしょうが。
誰にでも扱えるように、効果をあえて制限して、安全性を重視したものという感じですので。 


危険が無いなんて、つまらない。 
緊張感や、技術の向上や、ヒリヒリするようなスリルを味わいたいという人には向かないんですが。(笑) 

魔法使いが作る銃というイメージで出来たこの銃は、とても夢があるなぁとおもいました。 

 


引き金を引いて、 
どんな魔法が飛び出すかお楽しみ。 

 

この銃を使うにつれ 

思い出も、知識も、経験も。 


自分の中の引き出しも。 

沢山、沢山増やしてくれるみたいに。 


ぽん!と飛び出す魔法に、一喜一憂する。 

 

そうさ。 
楽しいだけの魔法とは限らない。 

 

宇宙や星を弾丸にしてるのだから。 
常識なんて通用しないよ。 

 

オモチャのような気軽さなのに。 
そこに込められた魔法に、 
毎回驚かされる。 

 

 

ドキドキしながら 
ワクワクしながら。 
時にガッカリしながら。 

 

怖がらずにこの銃を使いこなしてごらんよ。 

引き金を引く度に 

きっと、見たことの無い世界が開けるから――。 


この軽さ。 
この銃に込められたテーマを一言で言うなら 

 

"遊ぶこと" 

なのかもしれません。 


ぱっと見は、レーザービームが出てきそうな程、鋭いイメージの銃だけど。 
持ってみると、驚くほど軽くてちゃちで。 
何もかもを吹っ飛ばして笑えてしまうくらい。 


遊ぶなんてとんでもない! 
役に立たなきゃ意味がない! 


そんな風に、真面目にガチガチだった思考から、ふっと解き放ってくれるみたいに。 

ちょっとふざけて、はしゃいでみて。 
楽しんで。調子に乗って、たまにはイタズラして怒られたりして。(笑) 


周りの目さえ気にせず、自分の心のままに。

遊んでいいんだよ。 

 

そう、言われてるみたいに。 

この銃を見ていると、子供の頃に水鉄砲を構えて無邪気に遊んでいた時のような気持ちになります。 

 

 

 

大人になって、色んな思考に縛られて。 
周りの目も、自分の目も厳しくなって。 

 

遊ぶことを忘れてた。 

 

幼き頃に見た夢をもう一度。 


役に立つかどうかなんて、関係ないさ! 

 

宇宙にある沢山の星を集めて 
この銃に込めて撃つんだ。 

 

どんな魔法が飛び出すのか、お楽しみ。 


ワクワクしてきた? 

ならもっと、君に教えてあげるよ。 

 

世界を彩る沢山の魔法と。 
この銃の楽しさをさ! 


Cosmo Gun-魔法の銃- 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 


スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする