calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>



人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

recommend

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

ルースセレクトオーダー 【白百合の騎士】Pendant Top

 

 

ルースセレクトオーダー
【白百合の騎士】Pendant Top

 

 

メインの石
モルガナイト
ゴールドカラーワイヤー指定


盛り込んだ石
ホワイトシェル 立体フラワー
レインボームーンストーン
(ホワイトラブラドライト)
淡水ケシパール
ガーネット
ビルマ翡翠


----------


虹色の花ネットショップにて、初めてのルースセレクトオーダーのご注文頂きました!!\(^o^)/
ありがとうございます!

ルースセレクトオーダーとは、

http://nijiironohana.com/?mode=cate&cbid=2258001&csid=0
こちらのようにショップの方で販売している石(ルース)に、予め、出来上がりの価格を記載しておりますので。ワイヤーのカラー指定をしてご注文頂きますと。
お客様との打ち合わせ無しで、どんな作品ができあがるかお楽しみ♪なペンダントをお作りするオーダーになります。


お客様との打ち合わせなし!
出来上がりの確認の写真もなし!
制作日記も届いた後にアップ!

 

完成品が何かわからないままに、
お客様の元へお届けする。

 

という、ある意味で、なんともチャレンジなオーダーでして。笑

お客様は届くまで、自分の選んだルースがどんな作品になるかわからない。
作り手の私も、作ってみるまでどんな作品になるかわからない。

 

どちらも、
予想がつかない!\(^o^)/

 

というような、ドキドキ感や楽しさを感じてもらえるようなオーダーになっております。

 

基本的には打ち合わせはしませんので、記載された価格にオーダー料金は加算しておりません。

先に表示されている価格でお作りいたしますと明言してますので、盛り込む石によっては多少オーバーすることもあると思うんですが、もうそこはサービスだと思ってますんで。←
福袋感覚で楽しんでもらえたらいいなと思ってるんですけども。

今回は、過去に作品をご購入頂いたリピーターのお客様がご注文くださいました。


http://nijiironohana.com/?pid=118274552

モルガナイトにゴールドカラー指定

 

新規のお客様だと、これしか情報が無いんですけども。
このお客様が過去にご注文頂いた作品がどんなのだったかなー?

というのも勝手に参考にしまして。(笑)

数日経ったところで、突然、出来上がりのシルエットだけ、ばーん!!と浮かんできたのでした。

 

それが、雫型の形と、その形の上の方だけ二枚重ねの羽があるようなシルエット。

浮かんできた形を元に、モルガナイトのカボションとゴールドカラーワイヤーでまずは、土台を作っていきました。

 

 

こんな感じで土台はほぼ、イメージ通り。

だけど、浮かんだのはシルエットだけですので、
ここから何を盛り込むかまでは全く未定なわけですよ。

んで、なーんか土台の時から、兜を被ったような感じの女性騎士さんみたいな凛々しさを感じましたので。


色々な石を合わせていったところ。

一輪の花が咲くように、ホワイトシェルの立体フラワーが、
ここです!!とばかりに収まりが良い場所がありましてwww


そこから、すんなりと石をセレクトして盛り込んでいきました。


出来上がってみると。

 

 

白百合の騎士


ワイヤーの土台の時から、非常に強そうな女性騎士さんのイメージが浮かんでいましてね。

リボンの騎士とか、ベルサイユのバラのオスカルとか。
ああいう風な、女性でありながら、男性として育てられ、
かなり強くなってしまった騎士さんな雰囲気だったんですよね。

 

白百合の騎士という名前が浮かんだので、後で検索してみると、FGOのキャラにも白百合の騎士てのがいまして。
元ネタはシュヴァリエデオンという実在の人物らしいんですが、この方も生涯の前半は男性で、後半を女性として生きた方だそうで、(あんまり詳しくは知らないんですが)

 

どうやらこの作品のモチーフは、とにかく、
女性なのに、男性として育てられたキャラクターを表してるんだなと思いました。

 

ほんで、ワイヤーで作った羽も、私の中では最初は兜についた羽根飾りという感じでして。

 


基本的には非常に強くて凛々しく。
戦いに赴く事も、誰よりも恐れることなく、勇敢で。

 

なんか
めっちゃかっこいい!!(*'д'*)

 

だけど、その土台に
一輪の白百合が咲くようなイメージで
ホワイトシェルの立体フラワーを盛り込むと。

 

男勝りだった凛々しい騎士さんが
急にドレスを纏ったような、女性らしい華やかさが現れてきました。

 

兜の羽根飾りのようだった羽は、
煌びやかなドレスの裾をひらめかせるように艶やかに。

レインボームーンストーンのドロップや、
淡水ケシパールの純白の白さに。
ビルマ翡翠の柔らかな薄い緑色を散りばめた
純白のドレスに、真紅のアクセサリーを合わせたかのような、3粒のガーネット。

 

この赤さは、美しいドレスを着ていても滲み出る、騎士の強さと明るさを表しているのかなと思いました。

 

ダンスパーティの会場で


見違えた!あの凛々しい騎士様が。
まるで、可憐な白百合のようじゃないか。

周りにそう言わしめ、驚かせてしまうような物凄いインパクト。

 

普段はガチガチに鎧を着込んだ、男勝りな姿しか見てないからこそ生じるギャップ。

 

 

 

土台の段階では、国や家を守る為、掟を守り、厳格で忠実な騎士さんの雰囲気でしたが。

石を盛り込むと、まるでダンスパーティに出かけるシンデレラのように。
とても女性らしい柔らかさが、浮き上がるように、どんどんと溢れてくる。

 

男らしい騎士のような凛々しい強さと
ドレスを纏って踊る、華やかな姿。

 

なんとも
不思議な二面性。


リボンの騎士や、ベルバラのオスカルなどは、
男として育てられた境遇などで、女性である自分を抑圧したり、否定したりすると同時に、物理的な強さを手に入れたようなイメージなんですが。

この作品は、このずーっと長年抑えていた女性性を、パーン!と一気に明るく解放した姿なんじゃないかなと思ったんですよね。

 

 

騎士としての強さも。
女性としての喜びも。

 

鎧を纏って戦う姿も。
華やかに着飾ったドレスも。

 

今は
どちらも大切だもの。

 

そう言い切って、凛として微笑む姿。


抑圧を解放しちゃったら、騎士はやめるのかと思いきや。
なんと、仕事とプライベートはきっちり分けて、どちらも楽しむタイプになっちゃったというか。笑

 

二つが重なり合い
ある意味で、うまくバランスがとれていて、素敵な姿だなぁと思いました。

 

姫、
あなたを護ります。

 

 

常にストイックにそう言ってくれそうな、強くて凛々しい騎士さん。
だけど、実はプライベートでは思いっきりオシャレして楽しんでいて。w

 

しっかりする所と、楽しむべき所を、

今は両方知ってる。

 

 

 

白百合の騎士


そんなイメージの作品なんじゃないかと思います。

いつもは、1万円以上お買い上げの方へのおまけ作品はアップしませんが、

今回は白百合の騎士にはやはり、護るための剣が必要だ。

と思ったので、関連する作品としておまけ作品もこんな感じのが出来上がりました〜。


剣としてしっかり作りたかったので、バチカンをあえて作りませんでした。(^^;;

 

 

やはり、プライベートと仕事はきっちり分けるタイプに見えますねwwww


初の、虹色の花ネットショップでのルースセレクトオーダー!
ご注文ありがとうございました。(〃▽〃)

 

 

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


ルースセレクトオーダーもはじめてみました!

http://nijiironohana.com/?mode=cate&cbid=2258001&csid=0

 

まだ石の種類も少なめですが、少しずつ増やしていこうと思います♪

気になる石がありましたらよろしくお願いいたします。^^

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 


スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする