calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>



人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

recommend

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

【magical jewelry box-魔法の宝石箱-】ピアス(イヤリング)

 

もうすぐブログのカウンターが7777になります。

キリバンをゲットされた方は、プレゼント作品を作って送らせて頂きますので、

欲しい方は狙ってみてね〜(n*´ω`*n)

 

 

【magical jewelry box-魔法の宝石箱-】ピアス(イヤリング)

 

 

 

フローライト(八面体原石)
フローライト(4mmカット丸玉)
インペリアルトパーズ(ドロップカット)
レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)(ドロップカット)
アメジスト(2mm丸玉)
ホワイトムーンストーン(ボタンカット)
シトリン(ミニボタンカット)
宝石質ペリドット(オニオンカット)
ペリドット(さざれ)
ゴールデンオーラ(4mm丸玉)
 
マカバチャーム

 

-------

 

昨年に、福岡ミネラルショーにて、瓶詰めの小さな八面体のフローライトを仕入れましたので、これ使って、何かできないかなー?と思い、まずはピアス飾り(イヤリング飾り)を作ってみました。

 

 

※写真では全てピアスになっておりますが、販売時はイヤリングパーツを一緒にカートに入れてもらうことで、イヤリングに付け替えも可能です。

 


てことで、八面体のフローライトをどうやって固定するかで試行錯誤しつつ。
この時、オーダーで円形のイヤリングを制作した時期だったのもあり、円形のワイヤー飾りの中に組み込んじゃうのも面白いんじゃないか?!
とやってみたら、意外と石も固定しやすくて。

おお!できるじゃん!

て感じで、土台はこうなりました。

 

 

フローライトをしっかり留めてから、他の石も盛り込んでいきました。


出来上がってみると。

 

 

まるで、宝石箱を思いっきりひっくり返したみたい。

 

ずーーっとずっと大切に、魔法の宝石箱の中に仕舞い込んでた宝石達が、ウズウズしながら

 

良い加減に、外に出たいぞ!!!

 

と言わんばかりに。
思わず自分から、ぱーん!!と外に飛び出してきたみたいに、勢いのある作品になりました。

 

中央の八面体のフローライトのまわりには、
小さな紫色のフローライトがぐるぐる回って。

 

じっとしてはいられない!

 

と、子供のようにはしゃぎ始める。

 

宝石質のペリドットや、レインボームーンストーンは、円形のワイヤー飾りをはみ出るように豪快に盛り込まれ、飛び出してきたばかりの勢いを表しています。

 

そこに、カットの入った小粒の丸玉のアメジスト、シトリン、ホワイトムーンストーンに、ゴールデンオーラなどなどなど。

大小様々、色とりどりに。
沢山集めた宝石達が、狭い宝石箱の中から次々と弾けるように外に飛び出していく。

 

こんな、小さなイヤリング飾りの中にはもう収まらないぞ!!

 

とみんなで主張してくるみたいに。 笑

とにもかくにも、動きがあって、
じっとしてなくて。
勢いがものすごいですw

 

 

そこにさらに、魔法がかった雰囲気が出るように、マカバのチャームもぶら下げてw

 

 

みんなして、魔法の宝石箱から
外に向かって飛び出してゆく。

 

それは、ずっと日の当たらない場所に閉じ込めてたものが、急に日の目をみるみたいに。

 

太陽の光を当てるみたいに。
明るく、華々しく。
でたらめで。面白くて。
予想がつかない。

 

 

もしかしたら、これは、自分の中だけのものだったものを、誰かに向けて発信したり、披露してみる事にも、似てるのかなと思いました。

 

今までは、大切にされ過ぎていたが故に、
停滞して全く動きようのなかったものが。

魔法の宝石箱の力を受け、宝石達に
自らの意思が生まれた途端。

 

ぽんぽん!と外へと飛び出して、各々の力をフルに発揮して散らばってゆく。

それは、集めた当の持ち主さえ想像もできなかった、思いもよらぬ意思の力。

 

どれほどに輝き、どれほどに美しい宝石を持っていたとしても。

宝石箱の中に、ただ仕舞い込まれているだけなんてつまらない!

 

 

その美しさも、その輝きも閉じ込めて。
自分だけが、知っていればいい。

 

そんな持ち主の思いさえも、
ぽーん!と軽々と飛び越えて。

 

周囲にばら撒かれるように、
散らばってゆく宝石達。

 

それは一見すると、持ち主の元が嫌で逃げ出しているようにも見えるんだけど。w

そうではなくて、むしろ持ち主のことや、自分の事を、周囲にアピールするべく、自ら宝石箱の中の外に飛び出したんじゃないのかなと思うんですよね。

 

僕たちにも、持ち主にも、
こんなにも、沢山の魅力があるんだよ!

 

そう言いたげに。  

 

楽しく周囲に語りかけるように。
陽の光を浴びて、
その輝きはさらに増してゆく――

 

 

 

色んな解釈があるかと思いますが、
この宝石達は自分の中にある、魅力や、良い面、美しい側面などキラキラしている所で。
それが魔法の宝石箱から飛び出してくることで、周囲も自分にも、その魅力が伝わったり、沢山アピールする事に繋がるのかなと思いました。

 

意外と、自分の中の良い面なんて自覚する事は少なかったりするし、人に言われて初めて気が付いたりして。
わざわざアピールする事なども、照れくさくてやれなかったりするじゃないですかw

それらを披露するのは、かなり勇気が要るくらい。
結構怖い事だったりして。

 

 

 

 

だけど。
もう隠さなくていい。
奪われることを、恐れなくて良いんだ。

不思議な安堵と、安心感。

 

飛び出した宝石達は
私の周りをぐるぐると。
踊るように、
楽しそうにまわっている。


この宝石箱にかけられていた魔法とは、宝石を仕舞い込んで、他の誰にも奪われぬよう、盗まれぬようにするような力ではなく。

むしろ、本来の美しさや魅力を、周囲や自分に、アピールするような力だったのに。

当の持ち主さんが、ずっと、その力を恐れて、誰の目にも触れないようにしないと大変な事になる!と勘違いしてた。

 

みたいな、そんなオチなのかなーとか思うんですけど。ww 

 

そんな風に、自分の中に仕舞い込んでた思い込みから自由になる事がテーマなのかなと思いました。

 

こういう勘違いや、自分の中だけの思い込みって、沢山あると思いますし、それが自分の行動や選択肢を狭めてしまうこともあるんじゃないかなと思います。

それらを、えいや!と乗り越えるみたいに。

誰かに伝えてみたり、披露してみて初めて、

 

あ、大丈夫なんだ!!

 

て、気がつく事が多いと思うんですよね。

 

自分の中だけで完結するんじゃなく、
外に向けて、誰かに伝えてみなければわからない。

 

魔法の宝石箱から飛び出してくる沢山の宝石達は。

きっと貴方の役に立ちたくて。
貴方の事が大好きで。

狭い宝石箱の中から、貴方の心の奥底から。

ぽーん!と飛び出してきた
強い意志と、想いなんじゃないかなと思います。


 

 

 

自分の周りを、楽しそうに
くるくると回る宝石達と
一緒にお出かけ。

 

たまには、日の当たる場所に
出るのも悪くない。

 

恐れも不安も何処へやら。

 

仕舞い込んでいた時と変わらず
彼らの美しさに魅せられ。

 

新しい発見と。
新しい気持ちで。

 

前よりももっと素晴らしく。

世界も自分も

誇らしく
輝いて見えた――。

 

そんなイメージの作品なのかなと思います。

 

 

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ということで、今回アップしていくシリーズ作品など

3月上旬ごろ販売予定です〜(n*´ω`*n)

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


ルースセレクトオーダーもはじめてみました!

http://nijiironohana.com/?mode=cate&cbid=2258001&csid=0

 

まだ石の種類も少なめですが、少しずつ増やしていこうと思います♪

気になる石がありましたらよろしくお願いいたします。^^

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017


スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする