calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>



人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

recommend

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

たみえさんオーダー【リメイク ペンデュラム】

たみえさんオーダー【リメイクペンデュラム】

 

 


たみえさん持ち込みの水晶

宝石質 ブルーミスティックトパーズ
六芒星パーツ


少し前になりますが、たみえさんからお手持ちの水晶のペンダントのチェーンが切れちゃったから、ペンデュラムにリメイクしてほしい!とオーダーがあり、作らせて頂きました!(*^_^*)


リメイク依頼があったのは
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-1295.html

こちらの水晶で、チェーンが切れちゃったからペンデュラムに加工してほしいということでした。

 

たみえさんからのオーダーは、簡単に書けば

 

繋ぐチェーンはおまかせで、トップの水晶の反対側に一粒だけ石を追加してほしい。
その一粒の石のセレクトもおまかせで!


ということで、制作させて頂きました。

 

実はペンデュラムの加工自体は、わざわざ日記書くほどでもないくらい、本当にシンプルに繋いだだけなので、大したことしてないし、アップするか迷ってたんですが。(^_^;)

 

後から考えると、制作前の細々した過程をちょこっと記録しときたいなーと思ったのでやっぱり書いとこうと思います。

ペンデュラムの制作自体は初めてだったので、たみえさんからオーダー頂いてから、とりあえずパーツショップでチェーンなども色々選んだりして。


これが良いかなー?と、わりと早く目星がついたんですけども。

 

問題は、石を一粒だけ追加する、その石を何にするか決めるのに結構時間がかかりました。

最初はある程度頭で色々考えて、たみえさんと言えば緑かなとか、青色の石かなとか、パワーが強そうな石かなとか。

そんな条件で色々と候補の石を考えてたんですけども。

4月のイベントが終わって、チェーンを仕入れたあたりから、ぽん!と頭の中で何度も浮かんだ石がありました。

それが、ブルーミスティックトパーズ。

(ブルーミスティックトパーズとは、天然トパーズに人工て金属を圧着させたものになります。)

 

この石が何度も浮かぶんで、じゃあよくわかんねーけどこの石でいいんかな?
とりあえず作ってみよ。

てことで、お預かりした水晶とチェーンを繋ぎまして。
チェーンの長さは、一般的に15僂ら20僂らいらしいので、15僂らいにして、反対側にブルーミスティックトパーズをワイヤーで繋ぎました。


当初は22号のちょっと太めのワイヤーで、シンプルにメガネ留めだけしようとイメージしてたんですが、なんと、いざ作り始めたら、石の穴の大きさが合わずにワイヤーが入りません!w

えー!!これ以下の細さだとちょっと強度が心配。(; ̄Д ̄)


て思ったので、メガネ留めプラスαてことで、24号の細めのワイヤーで、

くるくるっと石の周りにワイヤーを巻きつけて、補強を兼ねて飾りまして。
六芒星のパーツも取り付けて完成しました。

 

出来上がる前は、なんでブルーミスティックトパーズ選んだんだろ?とか思いながら作ってたんですが。

 

繋いでみると、これは。。言葉で表現すると難しいけど、あえて言うなら


邪魔しない感じか!!?

 

と強く思いまして。

 

潜在意識の答えを邪魔しない感じというか。
余計なものがない感覚というか。
フラットな感じといいますか。

 

メインの水晶はたみえさんが持ってたものになりますので、その水晶よりも目立ったり、パワーがありそうな感じの石よりも、ちょっと控えめで脇役っぽく、それでいて見た目も淡い青色で綺麗なので。
それでこの石を選んだのかなーなんて思いました。


そんで、出来上がったペンデュラムを発送する時期が、丁度、母の日付近でした。

たみえさんは厳密には母ではなくお友達なのですが、私の中ではたみえさんという存在は、
先生っぽい部分と、お母さんぽい部分が半々で混ざったような印象を感じる人でして。

 

丁度、4月にイベントで使ったバイカラーのコーティングクリスタルを使って、なにかプレゼントしたいなーと思ってたので、この機会にと、遊びで小さなペンデュラムも作らせてもらいました。w

 

なるべく小さなコーティングクリスタルを選んで巻いてみたんですが。
二つほど巻いて、1番小さくできた方をセレクトして。

チェーンの長さも半分にして、反対側にはクリソプレーズをつけてみました。

たみえさんがこの記事を上げてたのを見て
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-1309.html

じゃあ緑の石をつけたいなーと思ったところ、数年前に東京に行った時に、

確かりゅーらさんとねむりさんにお会いした時に頂いたクリソプレーズが目に留まりまして。


ついでに羽パーツもつけて、かなり遊んだペンデュラムにしてみましたw

たみえさんのオーダーペンデュラムは、超シンプルだけど真剣に作ったので、
真逆のかなり遊んだ感じのペンデュラムも作りたかったんだと思います。笑

 

バイカラーのコーティングクリスタルも、赤みが強いものを選んだので、クリソプレーズの緑色で、カーネーションを一輪プレゼントするような気持ちでした。

急いで作って送ったのでちゃんと写真撮ってないですが。←

 

サイズも半分なので、並べたら親子みたいだなぁとか思いながら贈らせてもらったら。
なんと、到着して早々、たみえさんの娘ちゃんが使うことになった!と聞いて。

 

母の日に贈ったのもあって、
本当に親子ペンデュラムになったよ!笑

 

と、とても嬉しかったです。w

ブログでも紹介して頂いてありがとうございました!(*´▽`*)ノ))
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-1310.html


ペンデュラム作り、最初は私が作っちゃっていいのかな??という感じでしたが、

やってみたら思ってた以上に作るのが楽しかったので、何個か色んなバージョンを販売用に作ってみようと思います。(*^_^*)

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

新作5作品販売中です〜。^

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 

 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

当初4月に始めようとおもっていたのですが、リメイク依頼を立て続けに頂いたので

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新作6作品販売します。^^

 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 

 

 

久しぶりに新作6作品販売いたします〜(〃▽〃)

 

 

 

 

 

前回の販売までは、販売時間を設定して事前予告しておりましたが、

今回から普通にショップにアップしてからお知らせすることにいたしました。^^

 

新作販売は約半年ぶりくらいになりますが、

気に入った作品ありましたらよろしくお願いいたします。(〃▽〃)

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

当初4月に始めようとおもっていたのですが、リメイク依頼を立て続けに頂いたので

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【Phantom-仮面の男-】Pendant Top

 

【Phantom-仮面の男-】Pendant Top

 

 

 

クリソコラ(カボション)
ブラックダイヤモンド(原石さざれ)
ブラックスピネルメタリックコーティング(ミニボタンカット)


販売用作品!
これは4月のイベント前に制作していた作品です。

クリソコラのカボションが目に留まりましたので、巻いてみることにしました。
実は、前々からオーダーメイド制作する前の肩慣らし的に作ることがありまして。

こういうの、できないかなー?

と、オーダーで作りたい形が頭の中にふわっと浮かんでも、実際作るとなるとその通りにバッチリできる時と、全然変わってしまう時がありますので。

それをハッキリさせる為に作る感覚なんですけども。

今回は、頭の中で浮かんだ形を作ろうとして全然違うものになったパターンのやつでした。w


シルバーカラーワイヤーに、ガンメタの細めのワイヤーを混ぜて土台を作りまして。
最初に浮かんだというか、作りたかった形は、ドラゴンの片翼っぽい、かっこいい感じ。

しかし、あれよあれよと。
トゲトゲしくなりまして。
 

 

おいおい、これはドラゴンどころじゃねぇ!
思った以上にダークになっちまった!!ww


と、戦々恐々としつつも。←w
こうなったらさらにダークさを追求すべし!!(=゚ω゚)ノ
てことで、シンプルに石を盛っていきました。

 


Phantom-仮面の男-

 

 


その男は怪物か。
それとも、君を守り導く騎士となるのか――


謎めいた仮面の奥にある
貴方の表情も、感情も、考えも。
何も――見えない。


だったら、何を信じたらいい?

貴方に向けた言葉はいつも、
仮面の奥の暗闇に消える。


そんなことも、わからないのか?

ならばやめるか。
何もかも手放して尻尾を巻いて逃げてしまえばいい。

くぐもったその声からは
何の気持ちも読み取れない。

反響するように私の心に突きつけられる。
厳しい言葉と態度。


決して、素顔を見せることはない。
仮面の男――

 

今回は、私が作る中でも稀に現れるダークな作品。
まるで、オペラ座の怪人を思わせる。
ダークヒーロー的なイメージの作品になりました。

 

クリソコラのカボションは、青いインクと黒いインクをまだらに混ぜたような独特の色合いをしておりまして。

シルバーカラーワイヤーと、細めのガンメタワイヤーを混ぜて形を作ってゆくと、どんどんと、ダークな仮面の形になってゆきました。

 

ワイヤーで土台を作る途中までは、ドラゴンの片翼をイメージしていたものの。
石とワイヤーを重ねてゆく度に、その翼は隠され、悪魔的なツノやトゲのような形が現れる。

 

仮面の奥にある筈の姿形は、闇のベールに包まれてゆくように。

真実も、本当の姿も。
この仮面に隠されたまま。

 

ダークな雰囲気満載でしたので、可愛くならないよう、石はシンプルに盛り込みまして。

ブラックダイヤモンドの原石さざれと、ブラックスピネルのメタリックコーティングを、

隙間を埋めてゆくように配置してゆきました。

 

ブラックスピネルで、
漆黒の闇や影を仮面に色濃く刻んで。

ブラックダイヤモンドが、簡単には割れない強固なイメージと、その男の純粋な強さと潔さを表すかのように。

 

仮面を被り、姿を偽り。
自分の本当の姿を隠す。 

 

過去も、未来も。
暗闇に閉ざすかのように。

 

自らを、幻影に変えてゆく。

 

いくら涙を流したとしても。
もう誰にも気づかれることはない。 
 
どれほどに愛しい思いが溢れたとしても。
この仮面が、外との接触を阻んでくれる


これは、君との境界線。


笑っても、怒っても、悲しんでも。
どんな時も同じ顔でいられるかわりに。

 

いくらでも君の憎まれ役を買って出よう。 

これが......私の選んだ道だ。

 


それは、どこか切なくて。
自分の周りすべての関係を断ち切ってしまったような孤独と。
自分の心を打ち明ける存在すら、いない断絶を感じました。

偽りの気持ち。偽りの行動。

本当の姿で接する事ができない切なさ。

そうしなければ、
守れなかったものがあるから。


 

 

この、仮面の男とは、逆説的な存在なのかなぁーなんて思うんですけども。


一見すると、悪役めいた姿や役割をしているものの。

本当に悪者なのか?

と言われると......たぶん、違う。

 

どちらかといえば、ドラゴンボールのピッコロさん的な←(爆)感じかなーとかも思うんですけども。www

最近のドラマで言えば、大河ドラマの直虎でいう、正次のようなポジションが1番近いかなと思います。

 

策を巡らせ、裏で手を回し、汚れ役を一手に請け負うために。
仮面を被り、正体を隠し。

あえて悪役っぽく見えるポジションを担っているけれど。

 

本来の姿形とは全く別物。
仮面は、偽りの姿の象徴

決して、素顔を晒すことのない。


仮面を被った男

 

本性はまるで見えない癖に、その言葉は常に核心をついてくるように厳しくて。
ストレートに心にグサッとくるような事を言ってきそうなんですよねー。

 

ついつい、逃げ込みたくなる場所に予め先回りしていて。

そんなところに居ていいのか?おまえそれでいいのか?じゃあ逃げ続ければいいさ。

てなことを、優しく言うならまだしも。
あえて冷徹に、厳しく追い打ちかけるように言われてより傷つくみたいな。笑

 

わざわざ言わなくていーじゃんそれ!
私が1番わかってんだよ!

て文句言いたくなるような、本人は耳が痛くて聞きたくない事ばっかり言うような、嫌われ役や憎まれ役を担っているものの。
そいつの言う通りにするのはすげえ癪に触るので、結果的には逃げずに立ち向かってしまうという。笑


その根底や、その仮面の奥に。
ほんの僅かな
愛のような気持ちを感じるんですよね。

 

相手が嫌なことを、意地悪でしてるんじゃなくて。
嫌だと思われることでもあえて伝えることで。相手を守り導こうとしてる。

でもそれは、相手に常に嫌われたり避けられてしまったりすると思うので。

並の覚悟じゃできないんじゃないかと思うんです。

 

正攻法ではないけれど。
それでも、この方法しか見出せなかった。

 

考え抜き、悩み抜いた上での覚悟の証。


この仮面の象徴とは。
周りから煙たがられ、嫌がられながらも。

実は、ずっと貴方を見守り、導いてくれている存在を表しているのかなと思いました。

 

視点を変えれば、自分の中の隠された男性性だったりとか。
ガイドさん的な存在だったりと、本当にいろんな解釈ができると思うんですが。 

どちらにせよ、
真実の姿を隠しながら現れる存在。
 
あえて光に背を向け、ダークな存在に見えているけれど。
はたして、その仮面の奥までもが、暗闇に染まっているのだろうか。


疑ってみたことは、あるかい?


厳しい言葉に心が痛んで。
本質を突かれて必死に目をそらしたくて。  
ただ、ただ、その言葉に
耳を塞ぎたくて。

 

心が罪悪感に染まる

 

真実に
向き合うことが、怖くて。

その存在を、私の中で
悪役にしておきたかっただけなのかもしれない。


よく、ドラマやアニメなんかで、危険を回避する為や、大切な相手を守るために、わざと相手に冷たい態度をとったり、嫌われるような事を言って自分から遠ざけつつ、影では守ろうとする。

というようなキャラクターがいますけども。この仮面の男も、そういうタイプなんじゃないかなと思いました。


だけど、相手にずっと理解されないまま、誤解されたまま、なんて、ハタからみれば寂しいなぁと思うんですよね。

仮面を通してでしか、本当の自分を隠してでしか周りと交流できない存在なんて、少し悲しい。

 

誤解されることも、嫌われることも、
憎まれることすら厭わない。

普通は、猫を被るという言葉もあるように、相手によく見られる為に仮面を被りそうなものですが。笑 

 

この作品は正反対の意味合いで突き進んでいる感じですので。
むしろ、見た目でも怖がらせる可能性すらありそうなダークっぷりなんですけども。(汗

 

めっちゃ好きなくせに、何嫌われ役買って出てんだよ!←

 

てツッコミ入れたくなるくらいです。笑

 

でも、その役を担えるということは、相手に対して絶大な信頼や愛情があるのかなとも思いますし、

自分の中でも揺るがない自信や強さがあるんだと思います。

 

 

そして、ずっと仮面の立場での視点で解説していましたが。

 

相手側からしてみても、
その仮面の男に嫌なものは全て押し付けてしまえるということもあるのかなと思いまして。

 

 

真実を見ることもなく。
それが自分にとって都合が良かった。

そんな風に気がついて、

偽りの仮面を外すように。
自分自身をさらけ出す。
真実を見つめてみる。

という意味もあるんじゃないかなと思いました。

 

 

 

そして。
何度も繰り返される中で。

いずれ、ふと。
気がつき、想像する時もあるんじゃないかと思うんです。

あれ?もしかして。

いつも酷い事を言うものだから。
その仮面の奥の表情なんて、今まで想像したことすらなかったけれど。


本当は......貴方も。
あの仮面の奥で。

あの時泣いていたんじゃないの?


あれ.....
待って、待って!
あの時

無表情の仮面の奥で。
貴方は、どんな気持ちでいたの――?

 

 

自分の気持ちに振り回されてばかりいた時には気づかなかったけれど。

そんな視点が加わるだけで、ただ疎ましいだけの存在だったものが、ガラッと変わり。

ドラマのどんでん返しのような、そんな驚きと共にハッとする。

今までの態度も、姿も、全てが偽りだったとしたら。

ずっと、ずっと...
私は守られていたのだと。

 

真実を見抜くことができた時。

仮面は外れ。
幻影は消失し。

本当の意味で、お互いが向かい合う事ができるのかもしれません。


彼の本当の姿を、見る勇気はあるかい?

 

 

境界線を、外して。
現れるその姿。

 

やっぱり、そうだった。

 

偽りの仮面と
真実の光

 

知らなければ、気がつかなければ。

貴方は私の中で得体の知れない、怪物のままだった。

 

 

ずっと、守ってくれてたのは。

ずっと、待ってくれていたのは
貴方だったんでしょう?

 

 

Phantom-仮面の男-


 

 

そんなイメージの作品なのかなーと思います。

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

お知らせ

 

久しぶりになりますが、↑の作品を含めて

明日新作5作品販売予定です。^

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 

 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

当初4月に始めようとおもっていたのですが、リメイク依頼を立て続けに頂いたので

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オーダーメイド作品【Luna Wing -月の翼-】+【Wand of the Luna *心に咲く薔薇*】

 

オーダーメイド作品【Luna Wing -月の翼-】Pendant Top


 

お客様持ち込みの石
ラブラドライト

-----------------------------
リビアングラス(5mm丸玉)
カイヤナイト(ミニボタンカット)
ラブラドライト(6mm丸玉)
マルチカラームーンストーン(4mm丸玉)
ペリステライト(ボタンカット)
タンザナイト(ミニボタンカット+2mm丸玉)
プレナイト(3mmカット丸玉)
モルガナイト(4mm丸玉)
アクアクリスタル(ミニボタンカット)
ホワイトトパーズ(ミニボタンカット)

 

 

オーダーメイド作品【Wand of the Luna *心に咲く薔薇*】ワンド


お客様持ち込みの石
コハクローズ
コスモオーラ
-------------------------------------------

クンツァイト(原石)
モルガナイト(4mm丸玉+8mm丸玉)
ローズクォーツ(6mmカット丸玉)
ムーンストーン(6mm丸玉)
ペリステライト(ボタンカット)
リビアングラス(5mm丸玉)
アクアクリスタル(ミニボタンカット)
ガーネット(ミニボタンカット)
ペリドット(さざれ)
タンザナイト(さざれ+ミニボタンカット(3mm丸玉)
プレナイト(4mm丸玉)
ラブラドライト(6mm丸玉+ボタンカット+さざれ)
カイヤナイト(ミニボタンカット)
マルチカラームーンストーン(4mm丸玉)

-------------------------------

 

 

オーダーメイド作品!

こちらは、昨年の12月頃にオーダーのお問い合わせ頂きまして。

お客様の手持ちのラブラドライト、コハクローズ、コスモオーラを使っての作品になります。


お客様のオーダー内容はこちらです。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

ペンダントトップをイメージしているのですが、チェーンとなる物を外すとワンドやオブジェといったひとつの「魔法道具」になるものを想像しています。
例えとしては、カードキャプターさくらちゃんの杖(普段はペンダント、使うとき大きくなる)や、プリキュアの使う道具(普段はアクセサリー、本来の用途を隠して持ち歩く)のような感じです。

 

3.完成品のイメージ 用途

 

ペンダントトップ兼魔法道具ですが、できるだけ「攻撃に使わないもの」が良いなぁと思っております。
剣や銃や護身用、というよりは魔法の箒のようにただ楽しい場所に連れて行ってくれるような「楽しいことを極める」感じです。

 

4.完成品のイメージ 形

 

私はゲームのポケモンシリーズが初代からプレイしていてずっと好きなので、思い切って「伝説のポケモンのイメージ」でお願いさせて頂きたいです。
「ルナアーラ」というポケモンがいるのですが、全体的に宇宙のような色でコウモリのように翼を大きく広げた姿のポケモンです。
ルナアーラの画像をこちらのメールに3枚ほど添付いたしますね。

ルナアーラのイメージにプラスして、私の好きなゲームのBGM(星のカービィ 個人の方によるアレンジされた曲です)のイメージを少し足していただけたら幸いです。

キーワードは、翼を広げた、天の河、オーロラ、宇宙の楽園、神秘の銀河、という言葉が浮かびます。

 

5.完成品のイメージ 色

 

イメージのポケモンに近い色(ブルー〜やや濃いブルー、シルバー、ゴールド、など)の他にポイント使いでピンクや透明感のある赤、柔らかい紫などの配色を考えています。
ピンクの石は、この度お迎えさせていただいた「妖精の杖」ちゃんのメインの石のようなビビッドなお色だと嬉しいです。

 

6.その他のイメージ

私自身が戦うことがあまり得意ではない性格なので、「武器」ではなく「優しい存在」としての作品をイメージしています。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

こちらのオーダー内容を読んで、打ち合わせしていったのですが。
これらの要素を取り入れると、ラブラドライトのペンダントのみだと難しいかな?と思いまして。
ラブラドライトのみだと、ルナアーラをモチーフにする感じが強くなりますとお伝えしつつ。

 

http://nijiironohana.jugem.jp/?eid=444

 

昨年制作したこの作品がふと浮かびましたので。こういう感じで、ペンダントとワンドを作って、

それぞれテーマとして繋がりのある形として制作するというものをご提案いたしました。

その後、ご了解頂いてから、お客様から石をお預かりしまして。
その他にも、盛り込みたい石と、色合いのご希望も伺いました。

 

追加のご要望は
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
石のご希望

1.リビアングラス
2.カイヤナイト
3.ペリステライト
4.モルガナイト
5.プレナイト
6.タンザナイト
7.ペリドット


ワイヤーのカラーにつきましてはメールに記載がありました通り、ワンドはゴールド多め、ペンダントはシルバー多めで私も賛成です。
もし、ごちゃごちゃしないのであればカラフルなワイヤーをポイントでお使い頂くことは可能ですか?

私の希望ですと

ワンド→ラベンダー(薄い紫)か、ピンク
ペンダント→水色

私の希望の色合いは、今回はどちらかと言うと「一色統一」ではなく「多様性」「グラデーション」「意外な組み合わせによる調和」をなんとなく意識しています。
なので色合い的にも、同系色よりも補色の色合いに近いイメージです。

「カラフルだけど調和している」感じをテーマのひとつとして組み込んで頂けたら幸いです。


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ということで、今回の作品は、二つで一つの作品でありながら、それぞれ独立したテーマもある形のもの。
として制作させて頂きました。


まずはラブラドライトのペンダントの土台作りから。
お預かりしたラブラドライトは、かなりサイズも大きめでしたので。
あらかじめ、ルナアーラの翼をモチーフに組み込むということで、雫型の尖った部分を下にすることをご提案しました。

 

普段は、雫型の尖った部分を上にする事が多いと思うんですが、今回に限っては、下にした方がバランスが良い気がしたので。

 

こんな感じで土台を作っていきました。

実は、ルナアーラの翼って、かなり独特な形なんですけども。それを、そのままそっくりに作るわけにはいかないので、私がルナアーラのイメージを表現するならこういう感じかな?ていう風にワイヤーで片翼を描きつつ。

ブルーのワイヤーをより線に、水色のワイヤーを混ぜ。
ゴールドカラーのワイヤーで三日月の形を組み込んでいきました。
 

 

こんな感じです。

元々のラブラドライトがかなり大きいので、翼のモチーフを組み込むのも、ワイヤーを広げすぎないように気をつけまして。
それから、石を盛っていきました。

 

 

Luna Wing -月の翼-

 

 

今回のオーダーメイド作品は、お客様からお預かりした石を使っての制作でしたので。
物語のようなものが浮かぶというよりは、二つの作品それぞれの役割を意識したような作品になりました。


お預かりしたメインのラブラドライトは、ドロップ型の尖った部分を下にしても、とても美しく青色のシラーが浮かぶ石でして。
お客様のオーダー内容を読んで、この石はルナアーラと、星のカービィのとある曲のイメージに両方ぴったりだ!と思ってました。

そこに、片翼を意識したワイヤーの土台の上から、星を散りばめてゆくように石を盛り込んでゆく。

 

夜空のような、カイヤナイトやタンザナイトの青色と、宇宙のようなラブラドライトの煌めきとシラー。
星が瞬くようなイメージの、ホワイトトパーズとアクアクリスタル。 
優しい夜風と、翼風のイメージのプレナイト。
月明かりを思わせるペリステライトと、マルチカラームーンストーン。 


夜空に重なる月の翼。


リビアングラスの5mm丸玉は、片翼を象ったシルバーワイヤーの部分にも、月を象ったゴールドワイヤーの部分にも配置しておりまして。
それぞれを繋ぎ合わせて馴染ませているような感じがしました。

 

微かな金色の月の光を浴びて。

 

モルガナイトの柔らかなピンク色は、私の中ではもう一つ制作している、ワンドとの繋がりを意識して配置したんですが。

そのピンク色が、星のカービィの丸っこいイメージとも重なっていまして。笑

大きな片翼の中に包まれ守られながら。
星空を駈けるように、楽しい冒険しながら遊んでいるようなイメージでした。

 

 

 

ルナアーラと、星のカービィのイメージを合わせて。ギュギュっと閉じ込めたかのようなこの作品。

 

テーマとして、
戦いに使うものではなく。
楽しいことを極める。

ということでしたので。 

 

攻撃性や冒険する、戦うという要素は極力控えめにしつつも。

ゲーム性みたいなものは、むしろ増していて。楽しいと思えるところへ連れてってもらえるように。

 

ステージをクリアする度に、新しい楽しさを極めてゆくように。

 

そんな役割のようなものを強く感じていました。

 

いつも制作する作品には、どちらかといえば物語っぽいものが浮かぶ事の方が多いですが。

この作品には、物語よりも、明確な役割が与えられているような気がしていまして。

 

何をしたいのか。何が目的なのか。

 

というのが、お客様のオーダーでもハッキリしている分、それをストレートにサポートする道具。

という要素が強くなったのかと思うんですね。

 

楽しいと思える事を突き詰めていく、極めていく。
まるでゲームをクリアするかのように、一つ一つのステージを楽しく越えてゆく為に。

 

 


もともとのラブラドライトが大きめでしたので翼のモチーフを組み込むと
ペンダントとしても大きくなりました。

 

ペンダントを作り上げて、それで、
ようやく半分。

 

この作品は二つに分かれているけれど、本当は二つに一つ。という感覚でしたので。
一旦解説をワンドに切り替えたいと思います。

 

 

ワンドの方は、まずはお客様お手持ちの石から、コハクローズとコスモオーラを選んでいただきまして。
もう一つのメインとして、クンツァイトの原石をご提案いたしました。

 

こちらのワンドは、ラブラドライトとは正反対で。ピンク色が多め、カードキャプターさくらや、セーラームーンのような杖を意識した作りで、制作していきました。

特に、クンツァイトの原石と、コスモオーラを固定するのにかなりの時間をかけまして。

何度かやり直ししたくらい、石を留めるのめっっちゃ難しかったです。爆

なるべく、先端を出して、ワイヤーで留める部分を最小限にしつつ、それでも外れないように。

てので、かなり苦戦してました。

 

 

ワイヤーで全体を覆うように固定する方がはるかに楽なんですが、このクンツァイトは以前にりゅーらさんから仕入れた石で、非常に透明感があり美しい石でしたので。
ギリギリまでワイヤーの面積を少なくしたい!綺麗に留めたい!このワンドはそうじゃないと!!ていう気持ちが大きかったので。

土台はこんな感じになりました。



この辺でも苦戦具合がわかるかと思います。w
3つの石を合わせると、マジでワンドのサイズが過去最大を更新してしまったんですが。(笑


ゴールドワイヤーの部分と、シルバーワイヤーの部分でモチーフを変えて、

二つが重なっているようなイメージで石を盛っていきました。

 

 

【Wand of the Luna *心に咲く薔薇*】

 

 

こちらは、ラブラドライトのペンダントではサイズの関係で表現できなかった部分をメインに制作していったのですが。
二つのモチーフが重なり合う不思議な杖になりました。

 

メインのクンツァイトの原石は、透明感が素晴らしいとても美しい石でしたので、ワイヤーで留める箇所を最小限に。
お客様からお預かりした、大きなコハクローズの薔薇を中央に留めて。

ゴールドカラーワイヤーで、月のモチーフを描いてゆきました。

 

 

 

こんな風に、ラブラドライトの金色の月と繋がるようなデザインにしつつ。
ラブラドライトの月の翼では描けなかった部分を盛り込んでゆくと。


どんどんと、
華やかなピンク色の月に染ってゆきました。

モルガナイト、ムーンストーン、ペリステライト、リビアングラス、ガーネット、ローズクォーツ、アクアクリスタル。

淡いピンク色と月明かりのような白さが混ざる。神聖な空間。
だけど、中央の薔薇に目線を移すにつれて、色合いが濃くなってゆき。
さらにピンク色の細いワイヤーを混ぜつつ、ガーネットをほんの少し配置して。色の濃淡を感じる、ピンク色のグラデーションを意識して盛り込んでゆきました。

 

英語表記の名前だと、
Wand of the Luna 
と、月の杖という感じで名付けてますが。

 

日本語のサブタイトルは、心に咲く薔薇と名前をつけてるんですけども。

中央のコハクローズと共に、ピンク色の細いワイヤーで描いた月が、私にはハートマークを半分にした形に思えたんですよ。

その時に、この杖は、もしかしたら
心の満足度や楽しさをメーターで表すようなものかもしれないなー。
なんて思いました。

 

 

 

戦いに使わず、楽しいことを極める
そんなテーマから生まれたこの杖は。

常に、持ち主の心の状態を表すような役割がある気がしたんです。

 

中央のコハクローズは、美女と野獣で出てくる魔法の薔薇のように。

ハートマークの半分は、今自分がどれくらい満たされているのかを、視覚的に知るメーターのように。

 

完全なハートマークではなく、半分の形なのは、のこりの半分を探す楽しみを表してるような気がしまして。
最初から完璧な状態じゃないことで、途中経過を表してる。

だから、足りない部分があるとはいえ。

その、のこりの半分は、頑張って満たさないといけないものや、ネガティヴなイメージのものではないんですよね。

 

むしろ、まだ経験した事のないステージや、楽しみの部分。未知の世界や、自分には無いところ。

 

そんな心の状態を客観的に見たり。今の状況を把握する為のもの。て感じがしました。

 

そして、三日月と薔薇のモチーフ部分の杖に重なるようにして現れる巨大な翼は。

ラブラドライトの月の翼を、さらに大きくしたようなイメージでして。
シルバーワイヤーで形作ると、思った以上にどんどんと、大きくなってしまいましたw

 

コスモオーラを先端に、
ラブラドライト、タンザナイト、アクアクリスタル、カイヤナイト、

ペリステライト、プレナイト、モルガナイト、リビアングラス。

 

とペンダントと同じ石を盛り込み、さらにコスモオーラの8mm丸玉や、薔薇の近くには葉っぱのようなイメージのペリドットのさざれを配置して、赤い薔薇と青色の翼が重なっても違和感が無いように、気をつけて盛り込みました。

 

ワンドとしては、過去最大の大きさだけありまして、石を盛っても盛っても終わらない。笑

しかも、盛り込む石が大きいのならスペースが埋まりますが、ほぼ、ペンダントに盛り込んだ小さな石が殆どですので。
配置にもかなり気を配っておりました。

 

その甲斐ありまして、このワンドは、ペンダントと重ねる事ができまして。

 

 

 

 

こんな風に、偶然にも翼とペンダントが一体化するような感じに出来上がったんですよね。

この位置に置いた途端、二つの作品が一つになった気がしました。

 

片翼の青色と、赤い薔薇の存在感が丁度、同じくらいのパワーバランスになり。
相反する色が隣同士で合わさる、一つの作品になりました。

 

実は、二つを制作するまでは、


ペンダントで片翼を作り。
ワンドでも片翼をつくり。


その片翼どうしを合わせて、両翼を作るのだと思い込んでいたんですが。

出来上がったら、なんとどちらも片翼で。
合わせてみても片翼のままだったんです。←笑

 

しかし、同じ片翼とはいえ、石の密集度や役割は全然違っていまして。


ワンドで描いた片翼は、とても大きく。骨太で。どこまでも飛べるような頼もしさがあるんですが。少し強さが足りない感じ。

ペンダントの片翼は、ギュッと凝縮して強さはあるものの、スマホのように小型化している感じでしたので、持久力が足りなさそう。

 

ですので、その二つを重ねてみたときは、まるで電話の親機と子機のような関係に見えました。

コンパクトで持ち歩き楽々で、強い後押しやパワーありそうだけど、たまに電波が入らなかったり、電池切れを起こしそうなペンダントと。

動かすことは少ないけれど、電波や電池の心配することなく常に安定して使える親機。

 

二つの作品は、そんな役割を担ってるような気がしました。
ですので、そういう意味でも、
別々に使っていてももちろんOKだけど。この作品は、二つで一つ。

 

ハートマークも半分ですし。
二つの作品を合わせても片翼のまま。

丁度半分だけ見えていて、のこりの半分はお楽しみ。


この見えない半分とは、未来のようなものなのかもしれません。
全て完璧に見通してしまったら、逆に楽しみを奪ってしまうから。 

無理やり満たそうとしなくていい。
だから、見えない今のままでも完璧だよ。

 
片翼でも
心のままに、自由に動けるように。

 

心に咲く薔薇が、
いつも貴方に楽しさを教えてくれるから。

 

さあ、
何処へでも向かっていって。
楽しさを極めてみよう。

 

この杖は、常に、常に。

世間の常識や、周りの価値観で決める楽しさではなく。
自分の心からの楽しさにフォーカスしている感じですので。

 

本当は楽しくなかったのに、無理やり楽しいふりをしていたり。
本当は、こっちの方が好きなのに、周りの常識に合わせて我慢していたり。

 

そういう心のしがらみから自由になりながら。少しずつ、心の薔薇を咲かせてゆく。


楽しさは、他の誰でも無い
自分の心が決めるのだ。

 

そう実感するように。

何が楽しいのか、何をしたいのか。


幾度となく心に問いかけ。
心にたくさんの薔薇を咲かせて。

 

その片翼で、どんな場所にも
向かっていけるように。

 

Luna Wing -月の翼-
Wand of the Luna *心に咲く薔薇*

 

 

そんなイメージの作品なのかなーと思います。

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

当初4月に始めようとおもっていたのですが、リメイク依頼を立て続けに頂いたので

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 

 

 


オーダーメイド作品【Cosmo Gun -Universe-】

 

オーダーメイド作品【Cosmo Gun -Universe-】

 

 

シャンデリアレーザー
穴あき水晶
ギベオン+モルダバイトペンダント
メテオライト(ムオニナルスタ隕石)
モルダバイト(ブリリアントカット)
高品質ラピスラズリ(2.5mmカット丸玉)
リビアングラス(5mm丸玉)

ブラックダイヤモンド(原石さざれ)
タンザナイト(ミニボタンカット+さざれ)
ラブラドライト(5mm+さざれ)
アンダリューサイト(ミニボタンカット)
高品質ブラックシェル(黒蝶貝)(ペアシェイプカット)
レインボーオブシディアン(リーフ)
アイドクレース(ミニボタンカット)
ブラックスピネル(オニオンカット)
レッドスピネル(ミニボタンカット)

 

オーダーメイド作品!

前回の記事にてアップした銃を作るにあたり、リクエストオーダーをして頂いたお客様です。ありがとうございます!
試作の銃を作った後、正式にオーダー頂きました!

今回のオーダー内容はこちらでした。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


デリンジャーと呼ばれる、手のひらサイズの拳銃の形をしたものを作っていただくことはできるでしょうか。

銃口がワンドの先端部分にあたり、銃身に水晶ポイントかレーザークォーツが忍ばせてあり、銃口から石の先が少しだけ出ているようなイメージです。


撃鉄部分がワンドのおしりにくる部分になっていて、少し大きい石が付いているようなものを想像しています。

ワンドの下の方に、拳銃の持ち手が生えているような感じです。

なぜデリンジャー型にしていただきたいかと言うと、
私はゲームが好きで、その影響です。


ペルソナ3というゲームがありまして、その中で拳銃はペルソナと呼ばれるものを召喚するために使われるのですが、
召喚方法が自分を撃つ事によって発動するものなのです。
その考察に、擬似的に頭を打ち抜くことで”恐怖に打ち克ち内のペルソナを引きずり出す”ことが出来るという説があって、
意思の弱い私としては覚悟を決めるお守りとして欲しいと思っています。

 

拳銃にこだわる別の理由として、魔弾の射手という語感が好きなのもあります。
オペラとは解釈が違ってしまいますが、
自分の中で魔弾は自分の意思や祈りで、それを狙い定めたところへ放つ事ができるイメージで、
拳銃型ワンドがあればいいな、とも思っています。

 

 

■作品の希望のサイズ
横13cm 縦10cm ぐらい


■使用して欲しい石

モルダバイト・ギベオン・リビアングラス・ラピスラズリを入れて頂く形でお願いします
 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

ということで、試作の銃を作った後に、細かな打ち合わせのやりとりを重ね、全体的なテーマや、銃身に組み込む水晶などをご提案して選んで頂きました。

前回アップした試作の魔法の銃を作った段階では、私はペルソナ3は名前を聞いたことがある程度でしたが。
お客様との打ち合わせなどで色々とご提案できるように、アニメをレンタルして見てみまして。
銃で自分を撃ってペルソナを召喚するって、こういうことか!と納得したりしてました。爆

 

最初こそ、お客様の希望する銃のテーマやイメージが、二転三転と色々と変化していたものの。

試作の銃を気に入っていただけた事で、最終的にはコスモガンのイメージで!ということになり。

そしてさらに今回は、打ち合わせの時点で、石のご希望を含めて、過去最高額くらいのご予算にもなりまして

 

ギベオン、リビアングラス、モルダバイト

 

など、一粒使うだけでも値段が跳ね上がる石を使用しつつ。
製作時間も剣を作るよりも二倍くらい時間かかりますんで(汗)

 

ご予算に関してもある程度の見積もりを出してご説明し、銃に組み込む石も慎重に選んで
制作させて頂きました!


てことでまずは土台作り。


一度試作してるから簡単だろうというのは問屋が卸さず←(汗)
いやー......マジで銃は土台が難しいんですよ。(汗)

 

 

こんな感じで、
シャンデリアレーザーと穴あき水晶を固定しつつ、別パーツでグリップ部分を穴あき水晶で作りつつ。ドッキングさせます。

今回は石を盛り込むスペースを少し多めにとりたかったので、銃身はすっきりさせつつ、グリップ部分が少し大きめになりました。

 

 


それから、ガンメタワイヤーをグリップ部分に巻いて重ねていきます。

 


さらに、こちらのギベオン+モルダバイトペンダントを撃鉄として括り付けつつ!爆

 


石を盛っていきました。


出来上がってみると。

 

 

 

 -Universe-

 

これは
自分に向けて放つ為の銃。

 

覚悟を。
勇気を。

 

指先に込めて。


試すのではなく

ただ。

 

踏み出す為の、一撃をーー。

 


デリンジャータイプの銃をイメージして制作したこの作品。

全体的なテーマは宇宙やコスモガンをベースに。覚悟や勇気を出すようなイメージで石を組み込んでいったのですが。

作ってみるととても重たく。強く。

責任感や使命感を帯びた銃に思えました。

 

銃身のシャンデリアレーザーは、ややスモーキーがかった色合いですが、透明感があり、とても美しい水晶でして。
少し荒々しいギザギザがサイドに刻まれていましたので、最初に固定した時に、このギザギザが見えるくらいのギリギリの位置で留めつつ。
今回はこのシャンデリアレーザーがちゃんと見えるような透け感を、かなり意識して制作していきました。

 

土台が完成した後は、シルバーワイヤーの上から、ガンメタワイヤーを重ね、まずはグリップ部分から石を盛り込んでいきます。

 

 

宇宙の暗闇。
先の見えない恐怖を映し出すかのような、
レインボーオブシディアンのリーフ。

 

漆黒の闇の中に見え隠れする隕石や、宇宙の塵を表すようなブラックダイヤモンドのさざれとアンダリュサイトのボタンカット。

そこにさらに、落とし穴のように突然現れるブラックホールみたいなブラックスピネルのオニオンカット。 

 

そんな暗黒の宇宙から、美しいオーロラをふっと垣間見るようなイメージで、黒蝶貝のペアシェイプカットを配置していました。  

 

退廃的なイメージの暗黒の宇宙。

降り注ぐオーロラの光は淡く。
その淡い光の中を突き進むには、視界はあまりに暗く。

 

暗黒の宇宙の中でひとり。

孤独の中で朽ちかけた星をひとつ
掴もうとするようなものだーー


ここは太陽系ではなく、誰も知らない、途方も無いくらいの彼方にある宇宙のような感じがしてまして。

本や、知識として知っている宇宙ではなく、まだ誰も見た事のない、全く知らない場所を表してるかのよう。

 

そして、その暗黒の宇宙の中で。

たった一つの銃を片手に。
銀色の弾を込め、果敢にも宇宙を渡っていくかのようなイメージで。
メテオライトの丸玉と、リビアングラスの5mm丸玉を組み込んでゆきました。

 

闇の中でも僅かに見えるのは。
宇宙の晴れ間のように輝くラピスラズリ。

夜空のように瞬く煌めきは。
まるで地球にいた頃に見ていた、懐かしい、夜空の記憶の欠片のように銃全体に散りばめられて。

 

戻れない時を表している。


今回はお客様のご希望で、

 

自分を撃つ為の銃

 

というテーマで、

覚悟を決める、勇気を出す為のもの。

という部分を、かなりフォーカスしているんですが。

 

この作品の中で、このグリップ部分を掴む時が、1番、覚悟と勇気が必要な感じがしました。

 

 

 

 

引き金を引く時よりも。
指先をかけるよりも、もっと前。

 

グリップを握る瞬間は、
まるで先の見えない、暗黒の宇宙を掴む事に似ている。

 

暗黒というと怖いイメージに感じますが。

この黒い部分というのは、自分の怖れていること、先が見えない恐怖、ネガティヴな側面、デメリット。
太極図の陰の部分のように、マイナスな部分を把握すること。
それを掴むことを覚悟する。

ということなのかなと思いまして。

 

普通は、良い面を先に見出したり、ポジティブなものを見たいと思うものですが。

この銃では、何故か。
最初の最初に、そのデメリットな部分を直視しないといけない感じなんですね。

 

朽ちかけた星を掴むように。
今は、それが美しいものには到底思えない。

はたして、掴んで良いものか。と。
尻込みするし、どうしようと戸惑う。

 

光と闇。

 

最初から両方見えてたら、躊躇なんてしないのに。

 

この時点では、ポジティブな部分や、光の部分が見えないか、非常に見えにくい感じなんですよ。

 

だけどそれでも。

自分の中にある恐怖に打ち勝って
目的や、その先にある希望の為にグリップを掴めるか。

という事を問われるのかなと思いました。


これは個人的に感じたことなんですが。
例えるのなら、遊園地のジェットコースターに近いのかなーなんて思うんですよね。

 

得意な人もいると思うけど、私はジェットコースター苦手で、どんだけ安全でも、めっっちゃ怖いと思うタイプなんですよ。w

これって、遊園地に遊びに来ても、絶叫系の乗り物の選択肢が減るので、ある意味すごく損だなーと思うし、ジェットコースター得意な人とか羨ましいんですけどね。

 

勇気や覚悟って、この、ジェットコースター乗るぞ!!て決める時の感覚にも似ている気がするんですよね。

乗ってしまえば後は、その速度がどれだけ早かろうと、怖かろうと、その身を任せるしかないので。
実は、乗るぞ!と決めるまでの方が、めっちゃ葛藤すると思うんです。w

 

経験してみたら、 
意外と大丈夫だったわー!むしろ楽しい!て思ったり。
もう2度と乗らない!てくらい嫌だと知ったり。
それでも、楽しめるようになりたい!と何度もチャレンジしてみたり。

 

ジェットコースターを乗ったことのある自分と。
一度も乗らなかった自分てのは、
その時点で確実に、選べる選択肢が変わり。世界が広がっている。

例え話でジェットコースターにしましたが、今まで経験した事のない事に取り組む時って、

こんな感覚なんじゃないかなと思うんです。

 

みんなが、ワー!キャー!と悲鳴をあげながら遊ぶその乗り物も、自分が乗ってみなきゃ、どう感じるかはわからない。

 

失敗した!と思うかもしれない。
楽しさや喜びももちろんあるだろうけど。

それは、行動を起こした後だから感じるもので。

その最初の一歩は、めっちゃ怖くて覚悟が要るのかも。

 

失敗を恐れず
何かにチャレンジする。

 

グリップを握ること、引き金を引くことが。
その最初の一歩や、覚悟を決めることだとしたら。

 

暗黒の宇宙を受け入れると、自分の中の選択肢がひとつ増えて。
遊べる乗り物がひとつ、増えるのかもしれません。

決意して乗り込めば、まるでジェットコースターのように勢いがついて、

突き進む力が後押しして、どんどん加速していきそうな感じがしました。

 

 

それを表すかのように。

 

 

撃鉄の部分には、ギベオン+モルダバイトのペンダントを仕入れて組み込んでまして。
仕入れる時にサイズや形がぴったりに感じて、ビビッときたんですけども。

その形とあうように、シルバーワイヤーで羽の形を作りグリップの上下で装飾しています。

 

 

宇宙を自由に渡っていける飛翔の翼。

ぐんぐんと、上昇してゆく。

 

この覚悟の先に、見える景色がある

 

さあ、

あとはもう、その指で


引き金を引くだけ。


覚悟と勇気を込めて。
銃口からぱーん!と勢いよく飛び出してゆく弾。 

 

銃身の部分は、撃鉄から銃口まで、弾が弾けるようなイメージと。

飛び出した弾が、行き着く先のような感じがしまして。

グリップ部分の暗黒の宇宙から一転し。

この銃身は、宇宙の美しい側面や、輝くようなキラキラした景色を表している感じがしました。


 

 

こちらの部分は、
物事のポジティブな側面、恩恵や、先を見通す光など。

同じ宇宙でも、暗黒の中では見えなかったもの。
太極図での陽を表しているような感じなのかなと思いました。

 

幾つもの流れ星が弾丸になり、光となって先を照らすような、シルバーワイヤーのライン。

撃ち出した弾は自分自身を通り抜け、暗黒の宇宙の先を照らす光の礎となってゆく。

 

実はこの銃の弾丸そのもののイメージの石は、
私の中ではメテオライトの6mm丸玉と、そして緑のモルダバイトの二つだけでして。

 

メテオライトは、わりと自分の外側を表している、現実的な側面の弾で。
グリップ部分にも配置した、朽ちかけた星が、高速の弾に変化して飛んで行くイメージに変わります。

 

モルダバイトは、逆に。
光の宇宙に存在する、自分の精神的な部分や内面を表した弾に見えました。

 

外側と内側にどちらも作用する一撃。

 

撃鉄の部分に取り付けた、ペンダントについていた小さなモルダバイトは。

シルバーカラーのワイヤーのラインと共に、六芒星パーツにアイドクレースを盛った、彗星の尾っぽのような弾に変化しまして。

銃口にある、穴なしのブリリアントカットのモルダバイトまで弧を描くように。
宇宙の彼方まで、少し渋い色合いの緑色の光の弾丸が飛んで行くようなイメージで配置していきました。

 

 

 

普通、銃の弾丸は真っ直ぐ飛び出すんだと思うんですが。
この銃の弾丸は、弧を描き、遥か彼方の光の宇宙を閃光のように進んでゆく。

 

宇宙の煌めきを表すようなラブラドライトと、タンザナイトとアイオライトの微妙な紫のグラデーション。

 

ここでも、星の輝きや煌めきを映し出すようなラピスラズリ。

青いカラーワイヤーをより線にして合わせ、グリップ部分での哀愁や思い出の夜空ではなく。光の宇宙から見えた夜空を表すように。より、キラキラした感じを強めてみました。

 

レッドスピネルの赤色は、火星のような赤い星を表していると同時に、パチパチと火薬が弾けるような勢いを表してる。

 

そして、ブラックスピネルのオニオンカットは、暗黒の宇宙に在ったブラックホールと同じような雰囲気だったので、一見すると落とし穴みたいな風にも見えるけど。

 

輝く宇宙の中でより、際立って見え。
これが目のようにも見えてきまして。

もしかしたら、様々な宇宙を突き進むための、飛空挺のような乗り物や、

ジェットコースターみたいなものなのかなーと思いました。w


または、ペルソナっぽい幻獣?のような感じで、背中にれるのかもしれません。

 

グリップ部分は闇で。
銃身の部分は光。

 

全体を見れば
陰陽を併せ持つような銃になり。

 

無限の宇宙を突き進むかわりに。
その一発、一発がとても重たいイメージ。

 

たったひとつの覚悟でも、
陰と陽それぞれで宇宙が広がり、
そのバリエーションも無限に広がってゆく。

 

途方も無い広さの中で足が竦み。
何度も立ち止まる。

 

はたしてこれでいいのか?
本当に、これでいいのか?

 

と。何度も自分に問いかける。


前回の試作の銃は、安全性重視のオモチャみたいな感じで、軽くて楽しい銃というイメージだったんですが。

 

 

こちらの銃は、
とにかく重たくずっしりとしていて。
デメリットも、メリットも。
どちらも解った上で突き進むような銃だと思いました。


乱発はできないし、
適当に撃つ訳にもいかず。


その一発、一発が宇宙を照らす光となり
自分の行く先を決めて行く。

 

確実に
その選択肢が、
自分の行く末を左右する。

 

そう。
自分の中で知っている。

 

だからこそ、怖い。
わかっているからこそ、怖い。

そんな、自分の中にある恐怖を乗り越え、突き進む為のものなのかなと思いました。


そして、銃を自分に向けるという行為は、どうしても自殺や、ロシアンルーレットのイメージが強かったんですけども。

ペルソナ3を見てからは、私の中ではそのイメージにプラスして

 

自分を鼓舞する為、
覚悟や決意を示す為のもの。

 

という感じも強くなったんですよね。

 

不思議なもので、
例え自分にとって幸せな選択肢であっても、急激な変化の前には物凄く怖くなったり、変化を阻止しようとしたり、やめようとする、立ち止まりたくなるような、反動がきたりしますが。

 

今回のテーマは、それにプラスして、

 

誰も見たことの無い宇宙を突き進む

 

というようなイメージでしたので。

 

本当に色んな意味で、
強い後押しと共に、決意と共に。
大きな何かを乗り越える為の銃なのかなと思いました。

 

そして、こんな風にグリップ部分ではかなりの覚悟や勇気を問われてますが。

実は銃身の部分では、委ねるという気持ちがどんどんと大きくなるんじゃないかと思いまして。
 
引き金を引いてしまえば、もう進むしかなく。

できることは全てやって、
自分の中にある宇宙に、全てを委ねてゆく。

 

それは、

覚悟して、勇気を出して、
選択した自分を信じることに繋がるんじゃないかなと思いました。

 

この作品のテーマ自体は、とても重たいのかもしれないけど。 

 

暗黒の宇宙も、
美しい光の宇宙も。

どちらも、自分の中にあるものの比喩なんだと思います。

 

引き金を引く度に。
覚悟をひとつ、決める度に。

 

自分の中にこれほどに広い宇宙が。
まだ見たことの無い世界が。
こんなに、大きなエネルギーがあるのか!

 

と、気が付いて。

少しずつ信じて
委ねてゆくような感じ。


 

 

自分の人生の主導権を取り戻すように。

 

覚悟を決めて。
勇気を出して。

 

まだ誰も知らない宇宙を
乗り越えてゆく。


ぐっと握りしめたその銃は
貴方の覚悟の証さ。


この銃と共に。
貴方の中にある

 

無限の宇宙を
突き進んでゆこう。


Cosmo Gun -Universe-


そんなイメージの作品なのかなーと思います。

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 

 

 


【Cosmo Gun-魔法の銃-】 

 

【Cosmo Gun-魔法の銃-】 



穴あき水晶 
宝石質ブルーミスティックトパーズ(オーバル) 
ムーンストーン(6mm丸玉) 
ラブラドライト(5mm丸玉) 
レインボーオブシディアン(リーフ) 
ゴールデンオーラ(4mm丸玉) 
パルティックアンバー(コイン) 
琥珀(さざれ) 
ガーネット(ミニボタンカット) 
アンダリュサイト(ミニボタンカット) 
アイオライト(ミニボタンカット) 
アクアクリスタル(ミニボタンカット) 


初の、ワイヤーで銃を作ってみましたぁぁぁぁぁ!!(*´▽`*) 

 

キッカケは、オーダーメイドのお問い合わせにて、

デリンジャーのような小型の銃を作れるかというオーダーを頂きまして。

 

過去に一度も作ったことがないものでしたので、とりあえず、できるかどうか、作ってみます!! 

 

てことで、こちらは試作品にはなりますが、思った以上に出来上がりがうまくいったので、ネットショップ販売用になります。 

オーダーメイドでお客様からお問い合わせを頂いたものの、この試作の銃はオーダーのリクエストにお応えしたものではなく、私が好き勝手作ってみたものになります。 

 

実は、このお問い合わせを頂いてから、 

 

銃…だと?! Σ(゚Д゚)
それは今まで、作ろうと思ったことないぞ?!私に作れるのか?? Σ(゚Д゚)

 

と、色々と作るための手順のイメージを浮かべてみて、
非常にワクワクしてしまいまして。笑 

 

今までも、ワンドや剣などは作ったことあるものの、

殺傷能力高そうなイメージの銃を、水晶とワイヤーで作るって。。一体どうなるんだろう? (@_@)

 

と思い、こうすればできるかな?という予想だけで、土台を作っていきました。 

初めてなので、作りやすいように穴あき水晶をセレクトしてみましたが。 
じっくり水晶を選んだというよりは、試作なので力を抜いて、

近くにあったものをパッと選んで作った(笑)というセレクトだったんですけども。 

出来上がった後から見ると、 

おい、これ、水晶のサイズや大きさがかなりベストマッチじゃねーか?! 

 

て感じで、 
他の石だと長さが足りなかったり細すぎたり太すぎたりと、後にオーダーの作品の打ち合わせで水晶を選ぶ時には、組み合わせが結構限られていてセレクトが難しかったので。 

試作の銃は、ビギナーズラック!的なベストマッチ!なサイズのセレクトになっておりました。← 

 

そんなこんなで、セレクトした水晶は、 

 

銃身に2つ。 
グリップに1つ。 

それぞれ配置して、作りながら形を整えていきました。 

 

 

 

こんな感じです。 
土台を見ると、かなりの試行錯誤な感じが出てますね← 

 

この銃身は、先端の方が水晶が短めで、後ろの水晶が大きめでしたので、

先端の水晶の切れ目のあたりにワイヤーを重ねて、二つの水晶の繋ぎ目が隠れるようにしております。 

どちらも穴あき水晶ですが、一応、穴なしの水晶でも作れるように、先端の水晶はあえて穴にワイヤーを通さず石を留めています。 

グリップ部分も、穴あき水晶を使っていますが、こちらもその穴にはワイヤーは通さず。
ペンダントを作る要領で周りで固めて留め、グリップの形を作りつつ、銃身とドッキングさせて、整えていきました。 

この時点で形になってきているものの、かなりスカスカしてますので。 
グリップ部分はガンメタワイヤーを重ね。 
銃身にもシルバーワイヤーとより線を重ねてある程度の形にしていきました。 

 


ここまでの土台で、通常のワンドとか剣とかの作品よりも約2倍ほど時間かかりましてね。 
そりゃあそうだよね。この時点で石3つ使って、慣れない銃の形にしながら留めてるもんね(汗) 
裏側はこんな感じです。

 


 


それから、石を盛っていきました。 

 


出来上がってみると。 

 

 

 

 

これは、武器職人ではなく。 
魔法使いが作った銃だよ。 

 

だからね。 


戦いに赴く為に懐に忍ばせるのではなく。 
何かを傷つける為に持つものでもなく。 

 

相手を撃つため、自分を撃つ為ですらない。 

 

その銃から放たれる魔法は、 
幾つもの星の力を帯びて煌めくんだ。 


世界を彩る魔法の銃。 

 

いつかの日に 
君が夢見た、魔法の銃だよ。 

 

今回の作品は、一応試作品ということになるんですけども。

初めて作る銃にしては、まるで前からつくり方を知っていたような気分にさせる、不思議な銃になりました。 

 

テーマも何もかも、真っさらな状態から。 

とりあえず銃という形を作ってみる。 

そういう試みから始まり、水晶とワイヤーを重ねていくたびに、

徐々に、徐々に、この魔法の銃の形が浮き上がっていくような感じがしていました。 

 

銃身と、グリップに埋め込んだ3つの穴あき水晶。そこから、シルバーカラーワイヤーと、ガンメタワイヤーで銃の形を作ってゆく。 
土台の部分までは、昔の海賊が持っているような、かなりレトロな銃のイメージだったんですが。 

石を盛り込んでゆくと、 
青空を飛び越してゆき、宇宙へと向かってゆきました。 

 

 

グリップ部分は、昔の銃のイメージでのレトロさ、渋さのようなものを表す為に、黒に薄っすらと他の色が混じっているような独特の色合いのレインボーオブシディアンのリーフがぴったりでしたので、それを取り付けまして。 

 

アンダリュサイトのミニボタンカットや琥珀などの茶色を配置して、さらにレトロ感アップさせていきました。 

このグリップを握った時点では、まだ地上。 

 

 

だけどそこから、銃を構えると。 
青空を見据えるかのように輝く、ブルーミスティックトパーズ。 

 

これは天然のトパーズに金属を圧着させてこの色を出しているものなんですが。 
グリップ部分と、引き金と、銃身にそれぞれ配置しておりまして。 

 

地上から青空へと飛び立ち。 
地球の大気圏を抜けるように、その先を見据え。宇宙をぐんぐんと突き進むような感じがしました。 

 

軽々と宇宙に到達し、月を横目に通り過ぎるようなイメージで、グリップ部分に一粒だけのムーンストーンの6mm丸玉。 

宇宙空間を思わせる、ラブラドライトの5mm丸玉は、まるで銃に弾丸を込めてゆくような気持ちで配置してゆきました。 

 

 

地上から、地球を飛び出し。 
宇宙や銀河、星々をこの銃で旅するように突き進むイメージと共に。 

自分が経験し、旅している宇宙そのものを、そのまま、弾丸にして撃ち込むような奇妙な感覚が重なっていまして。

 

撃鉄から銃身に向かうにつれ、盛り込んだ石の一粒一粒が、宇宙の星や、魔法のエネルギーを表してるかのように感じられました。 


丁度、引き金のあたりから、銃身の先端までのラインで、流れるように様々な石を配置していまして。 

これは、銃の弾丸を込めてゆくような感覚だったんですけども。 


弾の種類は一つだけではなく、大小様々な種類の魔法を沢山込めてるみたいなイメージで。 

ラブラドライトだけでなく、アイオライト、アクアクリスタル、アンダリューサイトのミニボタンカットや、六芒星のパーツに留めたゴールデンオーラなど。 

 

銃身に散りばめた石たちは、宇宙を旅した時に見た、彗星や、惑星、様々な星を表し、その力がギュッと込められてる。 

 

さっき通り過ぎた筈の月さえも弾丸に変わり。 

旅した宇宙の星や、惑星が次々と弾丸へと変わる。 

 

まるで、経験した事が自らの力へと変えられていくように。 

星の力が込められた沢山の魔法が、この銃に詰め込まれ、放たれようとしているように見えました。 

 

 

唯一、撃鉄部分と先端にあるガーネットだけは、

星や宇宙のイメージではなく、発射するための起爆剤のような感じで、勢いを表してみました。 

 

この銃は、 

例えるなら、銀河鉄道999の、宇宙戦士の銃として出てくるような雰囲気でして。

見た目はビームがバンバン出そうなコスモガン!て感じで、とても威力があって強そうに見えるんですが。 

 

 

実は、 

浮かんでくるテーマや、持った時の感覚としては。 

 

めっちゃ、軽いなー 

 

とおもいました。(笑) 

 

まるで、オモチャの水鉄砲を持つくらいの気軽さ。 

銃なのに、ずっしりとした重さもなく。 
ビームが出そうな見た目なんだけど、実は、何も傷つけることのない魔法ばかりが詰め込まれている。 

 

地上から、宇宙へと旅するくらいの規格外の広さを持つイメージの銃なのに。ww 

それぞれの星の力を借りた魔法は、組み合わせや配置などで発射する度に効果が変わるのに。 
なんだか楽しげで、面白そうな効果を持つものばかりです。 

 

 

 

これは、例えるのなら、レプリカや模造品の要素がかなり強いのかなーなんて思ったんですよね。 

 

例えば、銃にしろ、剣にしろ、もしも本物を持つとなると。 
それを扱う責任がのしかかったり、取り扱いに注意しないといけなかったりと。 
遊びでは使えなかったり、気軽に持てなかったり、結構、気を使うものだと思うんですよ。 

 

でも、模造品やレプリカなら、飾ったり、持って楽しむ部分が多いので、安心して持てるじゃないですか。 

この銃も、どちらかといえばそんなイメージで。 
試作品でしたので特に、危険性の無い、安全な銃としての要素が大きくなったのかなと思いました。 

 

 

武器職人ではなく。 
魔法使いが作る銃。 


そしてこれがもしも本物なら、危険な魔法だったり、強力な魔法が込められているでしょうが。
誰にでも扱えるように、効果をあえて制限して、安全性を重視したものという感じですので。 


危険が無いなんて、つまらない。 
緊張感や、技術の向上や、ヒリヒリするようなスリルを味わいたいという人には向かないんですが。(笑) 

魔法使いが作る銃というイメージで出来たこの銃は、とても夢があるなぁとおもいました。 

 


引き金を引いて、 
どんな魔法が飛び出すかお楽しみ。 

 

この銃を使うにつれ 

思い出も、知識も、経験も。 


自分の中の引き出しも。 

沢山、沢山増やしてくれるみたいに。 


ぽん!と飛び出す魔法に、一喜一憂する。 

 

そうさ。 
楽しいだけの魔法とは限らない。 

 

宇宙や星を弾丸にしてるのだから。 
常識なんて通用しないよ。 

 

オモチャのような気軽さなのに。 
そこに込められた魔法に、 
毎回驚かされる。 

 

 

ドキドキしながら 
ワクワクしながら。 
時にガッカリしながら。 

 

怖がらずにこの銃を使いこなしてごらんよ。 

引き金を引く度に 

きっと、見たことの無い世界が開けるから――。 


この軽さ。 
この銃に込められたテーマを一言で言うなら 

 

"遊ぶこと" 

なのかもしれません。 


ぱっと見は、レーザービームが出てきそうな程、鋭いイメージの銃だけど。 
持ってみると、驚くほど軽くてちゃちで。 
何もかもを吹っ飛ばして笑えてしまうくらい。 


遊ぶなんてとんでもない! 
役に立たなきゃ意味がない! 


そんな風に、真面目にガチガチだった思考から、ふっと解き放ってくれるみたいに。 

ちょっとふざけて、はしゃいでみて。 
楽しんで。調子に乗って、たまにはイタズラして怒られたりして。(笑) 


周りの目さえ気にせず、自分の心のままに。

遊んでいいんだよ。 

 

そう、言われてるみたいに。 

この銃を見ていると、子供の頃に水鉄砲を構えて無邪気に遊んでいた時のような気持ちになります。 

 

 

 

大人になって、色んな思考に縛られて。 
周りの目も、自分の目も厳しくなって。 

 

遊ぶことを忘れてた。 

 

幼き頃に見た夢をもう一度。 


役に立つかどうかなんて、関係ないさ! 

 

宇宙にある沢山の星を集めて 
この銃に込めて撃つんだ。 

 

どんな魔法が飛び出すのか、お楽しみ。 


ワクワクしてきた? 

ならもっと、君に教えてあげるよ。 

 

世界を彩る沢山の魔法と。 
この銃の楽しさをさ! 


Cosmo Gun-魔法の銃- 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
 
ありがたいことに、只今オーダーメイドのご注文&
リメイクのオーダーが少し立て込んでおります。
順番に対応して作っておりますので、
いつもより納期が1,2か月ほど遅れる場合があります。
ご了承くださいませ。

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

【お知らせ】 

 

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、 
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、石の写真をバシバシ 
撮っている最中です。(笑) 
オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作で。 
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形にしようと思っていまして。 
価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、 
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。 

準備ができ次第、はじめようと思っておりますのでお楽しみに♪

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 

 


☆イベント無事に終了しました☆

 

 

4月8日ゆめマルシェ、無事に終了いたしましたー!!(n*´ω`*n)

 

 

 

当日はこんな感じで飾りつけをいたしまして。
まさに桜満開!な雰囲気が出るように頑張ってみました。

友達のレジン作家焦月さんも急きょ参加できるようになり。

 

 

あそびや楓さんは、ブレス販売+オーダーブレスでその場で作っておりました。

 


今回は、地元のイベントということで、応募して参加したのではなく、
知り合いの方からお話を頂いて参加することになったんですが。


コミックシティ福岡とはまた、全然違う規模と、

慣れない金券システムなどがありましたので、なんだか初めて体験で結構緊張しました。ww

 

小規模なイベントですし、お客さん自体は少なかったですが、
それでもお買い上げ頂きまして本当にありがとうございました。(〃▽〃)

 

 

夜桜カラーの青紫のコーティングクリスタルが結構人気でした!

 

結構沢山作りましたので、今回のイベントで残った作品の一部は

ネットショップの方では価格を見直して販売予定です。


お楽しみに♪(〃▽〃)

 

また、色んなイベントにも参加していきたいと思います〜

 

 


4月8日【ゆめマルシェ】イベント用作品一覧

 

4月8日(土) 『ゆめマルシェ@LIXILショールーム』にて
出店いたします!(ノ´∀`*) 

 

会場:LIXIL八幡ショールーム 
(八幡西区本城学研台3-10-10) 
時間:10:00〜15:00

 

 

なんとびっくり、主催者側のご好意で、

 

イベント当日限りで使用できる金券

 

を配布してくれることになりました!
わーお!(*゚Д゚*)


ツイッターやmixiページ、ブログやpixivなどを見てお越しの方はぜひ、お店で私に一言お声をかけて下さいね。

 

先着10名様に1000円の金券をプレゼントいたします。
(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

 

※アンケートにご協力いただく場合がございますのでご了承くださいませ。

 

 

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

ということで今回のイベントの作品一覧がコチラです!

 

 

【桜のストラップ】ピンクのコーティングクリスタル
(ペンダントにもなります)
【夜桜ストラップ】紫&青のバイカラーコーティングクリスタル

(ペンダントにもなります)

 

それぞれ、写真ではストラップがついていませんが、実際はストラップをつけて販売いたします。

こちらは、巻き方がそれぞれ違って、カラーワイヤー混ぜてみたりと、出来上がりもかなりムラがありますので、

今回はそれぞれ個別に価格が違いますのでご注意ください。

 

 

 

【桜のお守り】【夜桜のお守り】


(コーティングクリスタル+エンジェルオーラ)バージョンと
(コーティングクリスタル+パープルカラークラッククリスタル(染色石)
の二つのバージョンがあります。ペアっぽく作っていますが、セット販売ではなく、別々になります。


【桜のミニワンド】イベント特価!の3点限り

 

濃いめのピンクのコーティングクリスタルを使っての、ミニワンドのストラップです。

チェリークォーツ(人工ガラス)+淡水パール(ピンク)+水晶
チェリークォーツ(人工ガラス)+淡水パール(ピンク)イエローグリーンジェード

の組み合わせになります。それぞれ、ワイヤーのカラーが違ったり、カラーワイヤーを混ぜています。

 

 

【桜のワンド】ストラップ付
コーティングクリスタル+モルガナイト+シーブルーカルセドニー+イエローグリーンジェード

【夜桜のワンド】ストラップ付
コーティングクリスタル+コスモオーラ+ブルーアパタイト+ディープローズクォーツ+ブルーゴールドストーン

 

 

 



【桜の君】ペンダント
コーティングクリスタル(ピンク)

 

【夜桜の君】ペンダント
コーティングクリスタル(ブルー)

 

こちら2つのペンダント、コーティングクリスタルで仕入れた中でも透明感があるものをチョイスしましたのと、ワイヤーを重ねてボリュームを出しつつ、カラーワイヤーも使用しているため、他の作品よりも高めのお値段になります。

 

 

 

【桜の剣】ペンダント
コーティングクリスタル(ピンク)+淡水パール(ピンク)+ペリドット+ガーネット+ローズクォーツ+アベンチュリン+淡水ケシパール

バチカンを大きめに作ったのと、羽を補強しておりますのでペンダントにも使えます。


【夜桜の剣】(こちらはバチカンが小さいので飾り専用です)

コーティングクリスタル(青紫)+マルチカラースピネル(赤)+ラピスラズリ+淡水パール(ピンク)
細いワイヤーで羽の補強が無いのと、バチカンを小さく作ってしまった為、ストラップにするのもちょっと不安だったので、飾り用になります。

 

 

【桜ドラゴンのたまご】ペンダント

 

アラゴンナイト(ドロップ)

チェリークォーツ(人工ガラス)+淡水パール(ピンク)+ガーネット+ブラッドストーン+レッドアゲート

アラゴンナイトが目についたので、巻いてみたらドラゴンになりました。アラゴンナイトの卵の中から、桜色した可愛いドラゴンが丸まってるのをふわっと具現化した感じ。
きっと、もうすぐ生まれるよ。

 

【桜の花びら】ペンダント
貝パール

ガンメタ+オリーブカラーバージョン

シルバー+パープルカラーバージョン

 

【花蝶】ペンダント(写真、真ん中の一つです)
クィーンコンクシェル

 

 

 

【桜ひよこ】ピアス
フラッシュローズクォーツ


【桜ひよこ】ピアス


淡水パール

各4カラーのバリエーション

 

 


以上になります。

 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @


いやー・・・がんばった←(爆)

準備期間3週間でしたので、ここまで作れるとは思ってなかったんですが。w
今回は時間短縮の為、ほぼ、コーティングクリスタルのみを使用して、桜と夜桜をテーマにして色んなバリエーションを作ってみました。

 

まさに桜まつり!!!(n*´ω`*n)

 

それぞれの作品に解説もつけたいところなんですが、時間が足りない為、
今回は写真と作品名のみアップいたします。

 


今回もイベント特価!!てことで結構頑張りまして。
一番安い作品で500円〜最高でも5000円くらいの価格で販売予定です。

 

 

当日先着10名様に金券お配りしますんで、マジでめっちゃお買い得じゃね!?
って感じですので、お近くの方はぜひぜひ、お気軽にお越しくださいませ。^^

 

売れ残った作品は、一部価格を見直してネットショップにて解説付きで販売予定です。

 

 

4月8日(土) 『ゆめマルシェ@LIXILショールーム』

会場:LIXIL八幡ショールーム 
(八幡西区本城学研台3-10-10) 
時間:10:00〜15:00

 

当日、お待ちしております〜!!♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 

 

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

―*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 


☆4月8日イベント出店のお知らせ☆

 

4月8日(土)『ゆめマルシェ@LIXILショールーム』

にて出店いたします!(ノ´∀`*)

 

会場:LIXIL八幡ショールーム
(八幡西区本城学研台3-10-10)
時間:10:00〜15:00

 

入場無料です。

詳しくはコチラ。
http://www.nosakakensetsu.co.jp/topics.php?no=71#anc71

 

エイプリルフールに更新すると嘘っぽい感じになりますがw
本当です。ww

 

今までイベント出店は、コミックシティのみだったのですが、
今回はたまたま出店のお話を頂いて、タイミングも合ったので
【あそびや楓】さんと一緒に出店できることになりましたので
お知らせいたします。

 

準備期間が2,3週間ですので、沢山は作れないんですが、
只今イベント作品制作中!(n*´ω`*n)

 

今回は桜のシーズン&花まつりに因んで、

ピンク色の石メインの作品を色々と展示予定です。

(ノ´∀`*)

 

ネットショップには出さない、
イベント限定のお買い得!な作品も準備いたしますので
お近くの方はぜひ、お気軽にお越しくださいませ。^^

 

ツイッターの方では先に、イベント用の出来上がりの作品もつぶやいておりますが、

ページ、ブログの方では、直前に制作した作品一覧を公開いたします〜(〃▽〃)

よろしくお願いいたします。m(__)m

 


応援ポチよろしくお願いします!^^

―*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪

 

オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 
https://ws.formzu.net/fgen/S42128017/ 

 

 


【Elixir of Life-生命の小瓶-】Pendant Top 

 

【Elixir of Life-生命の小瓶-】Pendant Top 

 

アマゾナイト(カボション) 
プレナイト(薔薇ビーズ+ミニボタンカット) 
宝石質ペリドット(オニオンカット+ミニボタンカット) 
ソーシュライト(2mm丸玉) 
ビルマ翡翠(3mm丸玉) 
グリーンアメジスト(さざれ) 


販売用作品! 

今回はシリーズものではないんですが。w 
実はまだ、棚卸しで気になる石が残ってまして。今回は、アマゾナイトのカボションが目にとまりましたので、作ってみました。 

青に金色って綺麗だなーと思ったので、 
ゴールドカラーワイヤーに、オリーブカラーも混ぜて土台を作ってみましたら。 
こいつはどうも、いつもと違って 

何故か、三角形の形が浮かぶんですよ。 

ですので、そのイメージをそのまま形作ろうと頑張った結果、こうなりました。w 

 

 

この時点で、小瓶の中に魔法の液体が入ってるようなイメージだったんですけども。 
同時に海賊が持つお宝のような、そんな感覚がしていたんですね。 

んで、こちらはシンプルな感じじゃなく、土台からかなり、石を盛り込んでくイメージで、作っていきました。 


出来上がってみると。 

 

Elixir of Life-生命の小瓶 

 


かつて、荒れ狂う海と、嵐を越え。 
大海原を、強大な船と共に我が物顔で闊歩し。 


いくつもの海を。 
遥かなる海を。 

 

ある海賊の若者と共に旅していたんだ―― 

 

 

その者の胸にぶら下げられ。 
世界を旅した魔法の小瓶。 


それは身につけるだけで、希望や、癒しの力や、強いエネルギーが湧き出てくるような不思議なお宝だった。 


――だけどその旅も......私から見ればつかの間だったな。 

 

 

争いが起こる前に。 
誰かに知られてしまう前に。 

 

誰にも奪われないように。 
見つからないようにと。 

 

やがて深く暗い洞窟の奥へと隠されてしまったのだから。 

 

長い長い時を。 
その洞窟の暗闇で過ごしながら。 

 

それでも何度も、その時の旅を思い出すのさ。大海原の航海を。 

あの海賊との出会いを――。 

 

今回は、とても物語性の強い。 
個性的な形のペンダントになりました。 

 

メインのアマゾナイトのカボションは、明るい水色の石で、

ワイヤーを巻く前までは、こんなに物語が浮かぶほどの特別な感じなど全く無かったのですが 笑 

 

ゴールドカラーワイヤーと、オリーブカラーワイヤーを混ぜて巻いてゆくと、どんどんと小瓶のような形と共に。 

巨大な船が思い浮かびました。 

 

それも、豪華な海賊船だ。 

 

独特の、三角形の形をした金色の小瓶。 
その中には、並々と魔法の液体が入っている。 

 

そんなイメージと共に 
そのお宝を手に入れた海賊との冒険の物語が浮かんできました。 

 

この小瓶の中の魔法の液体が何なのかというのは、具体的にはよくわからないんですが。笑 

 

私には、まるで生命力を宿したようなもの、生命エネルギーの塊のようなイメージでして。 
その液体を飲むのはオススメしない感じ←wなんですが、身につけるだけでそのパワーに影響されるようなイメージと。 

うまく言えないですが、小瓶の液体そのものが、エネルギー体という感じで、意思や命を持っているような感じがしまして。 

 

例えるなら、アラジンの魔法のランプの妖精、ジーニー的な存在が宿っているって感じなんですけども。 
しかし、瓶の中から出ることは叶わない。 


というイメージでした。 

 

 


実は、石を盛り込む前の、ペンダントの土台を作った時点では、若々しく凛々しい海賊と一緒に、意気揚々と冒険していた頃の、真新しいピカピカの魔法の小瓶って感じでして。


お前にも見せてやるよ。 
世界が、海がどれだけ広いのか――。 


こんな風に海賊の若者は、その小瓶の力をただ得るだけじゃなく、

コミュニケーションや会話のようなものもしていたイメージでして。 

 

小瓶の力を借りつつ 
何度も死線を潜り抜け。 
嵐の海を越えてゆく。 


しかし、その土台のペンダントに、細かく石を盛り込んでいくうちに、

徐々に、徐々に、小瓶のイメージが少し古びて、時間が経過したような感覚になっていきました。 

 

 

海賊のお宝、秘宝というイメージでしたので、誰にも奪われないように、見つからないように。 
その後、なんらかの事情で、洞窟の奥深くへ、海賊が隠してしまったのかもしれない。 

 

 

たくさんの海を越え。 
共に冒険した楽しかった日々は終わり。 
やがて静寂と暗闇が広がる洞窟の中で 
ひっそりと。 
眠るように、何度もその頃を思い出す。 

 

――じゃあな..... 
いつかまた、お前にも持ち主が現れるだろ。 

 

楽しかったぜ。 

 

去り際の後ろ姿。 


あれから、 
どれだけの時が、流れたのだろう。 


ソーシュライトの丸玉と翡翠と、グリーンアメジストのさざれは、かつての海賊との冒険のエピソードや、海の景色を思い出し、忘れないように繋ぎ合わせているようにも見えましたし。 

 

太陽の光さえ届かない、真っ暗闇のその洞窟の奥深くでも。 
ぼんやりとした明かりが灯るような、 
小瓶のエネルギーがじわじわと漏れ出してゆくような感じにも見えました。 

 

そして、その力を受け、徐々に周辺の植物が影響を受けて育っていくように。 
若葉のような、宝石質のペリドットのオニオンカットと、プレナイトの薔薇カット。 

 

どれだけ奥深くへと隠そうとも。 

それでも、じわじわと主張し、漏れ出し、溢れ出してゆく力。 


どれほどの時間が流れても枯れない力。 

 

暗闇の洞窟で、植物が巻きつくように小瓶を隠してゆくのに。 
それでも、どうしても隠すことのできない力がここにある。 

 

――儚い願いなのかもしれない。 

 

泡沫の夢の中で。 

もう一度、あの海賊が。 
貴方が、迎えにきてくれるのを、ずっとずっと待ちながら――。 

 

今日もあの冒険の日々を夢見る。 

 


実は最近、FGOを始めたばかりなので、海賊というイメージはその影響も少しあるんですが。(笑) 
パイレーツオブカリビアンなイメージもあったりと、とにかく、なぜか登場人物は海賊なんです。笑 

 

しかし、この物語自体はすごく特殊な感じだなーと思いました。 

この、生命の小瓶というのは、いろんな解釈ができる、なんらかの比喩なのかなと思うんですが。 

海賊のお宝という物でありながらも。 
LIFEという言葉や、命という意味合いが強く浮かぶイメージでして。 

 

生きる 

 

というエネルギーそのもの、希望の力そのもの。という感覚があるんですね。 

例え、どんな状況下に置かれたとしても大丈夫。 

そう思える、思わせてくれる力。 

しかも、持ち主を選んでいるような、待っているような意思を強く感じるんですけども。

 


――お前を、悪用されないように。 


この洞窟に隠したのは、あの者の最後の優しさだったのかもしれない。 

これ以上、私を持つことに耐えられなかった。あの者の弱さだったのかもしれない。 

 

私に、大海原を見せてくれた。 
巨大な海賊船と、世界の広さ。 

 

 

まどろみの中でまた、少し。 
植物が巻きついてゆく―― 

 

それでも消えない、力。 


 

ふと気になって調べてみると、アマゾナイトは、希望の石、ホープストーンと呼ばれているそうで。 
その石がメインになっているのを見ても、この小瓶とは自分自身の中にある、希望や、強いエネルギーの象徴なのかなとも思いました。 

だから、このペンダントそのものは、ネガティヴな意思や思いはなく、とても純粋なんですけども。 

 

それを持つ者にとっては、ある種の試練や、心の強さを試されるのかなと思うんですね。

 

意思や力があったとしても。 
しかし、それが道具であることは間違いない。 

 

その強い力があるが故に、使い方を間違えば、持ち主は周りから目立って浮いてしまったり。

嫌な思いをしてしまったり。 争いが起こってしまったりと。 

 

それを持つが故の力の反作用や、ネガティヴに見える出来事や、乗り越えなければいけないものが出てくるのかなと思いました。

 

 

その時は、手放さざるを得なかった。 
あの時は、そうするしかなかった。 

 

少しの後悔と共に、納得して手放した筈の力。 

 

ずっと隠しておかなければいけなかった力。 

 

ですので、 
この洞窟に入り。 
小瓶を手にするというのは。 

 

海賊のお宝という 
強力な力を手にする。 

 

というよりは、 

むしろ、一度手放してしまった力を、取り戻し。 
もう一度勇気を出して、その力を受け止めて、新しい使い方をしてみる。 

そんな側面があるんじゃないかなと思いました。 

 

 

心配せずとも。 
貴方以外には、 
誰にも見つけることはできないだろう。 

 

どれだけ時間がかかったとしても。 

 

――もう、お前を隠さなくていいんだ。 

 

そう思える時がくるまで。 

 

 

時が流れ。移り変わり。 

あの時のように、もう一度。 

 

大海原へ。 
世界へと。 

 

また冒険に、出かけよう――。 

 


そんなイメージの作品なのかなーと思います。 


応援ポチよろしくお願いします!^^

―*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 
【お知らせ】

近々、ルースセレクトオーダーを新設しようと思っております。

 

以前Blue Whaleにてもりっと母さまと一緒にやっていたのですが、
手持ちに個性的なルースなども増えてきましたので、只今、石の写真をバシバシ
撮っている最中です。(笑)


オーダー料金がかからない代わりに、打ち合わせ無しのおまかせ制作にて、
ワイヤーの色だけお客様に選んでもらう形になると思います。


価格も、最初に製作費&石代込みの料金を先にこちらが決めて、
その価格でお作りする新しい形にしてみようと思っています。

 

4月中旬あたりには始めようと思っておりますので、お楽しみに♪

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* 


ただいま、ぼちぼちペースではありますが、 
イベント作品など販売中です。(〃▽〃) 

新作も近々販売する予定です。
どうぞお楽しみに♪ 

 

虹色の花【新館】 
http://nijiironohana.com/ 


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★* @

【お知らせ】

オーダーメイドも現在ご注文受付中でございます〜。
ご希望の方いらっしゃいましたらこちらもよろしくお願いします♪


オーダメイドについてはコチラ。 
http://nijiironohana.com/?tid=6&mode=f3 

受付フォームはコチラです。 


<< | 2/22PAGES | >>